KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.06.06

N05445.jpg

都営5300形 5316編成
2007.7.6/八丁畷

▲平日の新町出庫運用は唯一の特急高砂行からスタート
  • [平日]543T 特急高 砂
  • 始発:神奈川新町520 → 終着:高 砂615
  • ダイヤ:2006.12.10改正
  • 備考:品川から普通

都営車の京急線内滞泊は2本、1本ずつが金沢検車区と新町検車区でそれぞれが夜を明かす。3日の記事で平日の金沢出庫列車である840Tを取り上げたが、今回は新町出庫車をば。新町出庫の都営車は神奈川新町5時20分発の特急高砂行からスタートするが、この特急高砂行も現在平日・土休日合わせて1本のみの貴重な存在となっている。

過去の時刻表をぱらぱらとめくっていると、平日上りの神奈川新町5時20分発のスジは長いこと都営車の運用に割り当てられているようで、例によって手元に古い資料が無いので過去に深く遡れないのだが、2000年7月改正時に現在とほぼ同じ時刻で517T印旛日本医大行として走っている。2001年9月改正で押上行(539T)に、2002年10月に高砂行(ここで運番が現在と同じ543T)となり、さらに2004年10月に青砥行に、2006年12月改正で再び高砂行となって現在に至る。

新町出庫車は金沢出庫車と比較すると随分と早起きで、神奈川新町以北の上り優等一番列車。前日の回2022T(平日)、2331T(土休日)から流れる。なお、土休日は回送で出庫の後、品川から営業に入る(527T)。

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

東京都交通局珍列車