KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.06.29

N10333.jpg

京成3000形 3001編成
2008.6.26/実籾〜八千代台

▲京成では唯一8連のヘッドマーク掲出となった3001編成
N10344.jpg

都営5300形 5327編成
2008.6.28/大神宮下

▲ヘッドマークを掲出した5327編成
N10365.jpg

京急600形 606編成
2008.6.28/立石〜青砥

▲"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"にもヘッドマーク掲出

前回、京急の604編成しかおえられていなかったので、「3直40周年記念」ヘッドマークの続き。とりあえず各社のヘッドマーク付き編成の写真をアップ。ヘッドマーク掲出ということで、顔がこっち向いてる写真で揃えてみたりなんかしちゃったりして。

前回の記事の時点でヘッドマークが全く掲出されていなかった京成車は、なんと3000形5本に掲出。プレスリリースにおいても3000形以外へ掲出されるような記載だったし、フツーに考えれば3700形とか直通の機会が多い編成に出してくるもんだと勝手に思っていたが、実際には3000形の8連1本と、6連4本が掲出の対象になっている。

梅雨の季節ということで、上の画像、すべて曇天下での撮影となってしまったが、ヘッドマークが室内側から貼付されている都合上、晴れるとガラス面での日光の反射によってヘッドマークが見えづらくなってしまう可能性が高いことを考えると、逆にこれはこれでよかったのかも。

P10283.jpg

「京急・都営・京成 直通運転40周年」ヘッドマーク
2008.6.28/**

▲乗務員室内側から掲出されたヘッドマーク

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更