KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.10.08

これまでこのシリーズでは401A543Tなどの朝の早い時間帯を走る列車を取り上げてきたが、今回は京成の早起き列車を取り上げてみようと思う。4A14である。2006年12月改正で設定された列車である。

N10019.jpg

京成3700形 3768編成
2008.6.9/うすい〜佐倉

▲2006年12月改正で登場した、4時台発の優等列車
  • [平日]4A14 快速上 野
  • 始発:成 田459 → 終着:上 野613
  • ダイヤ:2006.12.10改正
  • 備考:ー

京成一番の早起き優等列車は快速上野行ということで、行先種別的には珍しくも何ともないものだが、改正以前の上り優等一番列車506Tよりも20分早い時間帯を走り、快速停車駅、特に京成津田沼以東の駅の対上野方面への利便性が向上した。成田~京成津田沼間は改正前の502のスジを踏襲しているが、京成津田沼から快速運転を行うために日暮里の時点で502よりも実に13分も早い到着となっている。

このような利便性が格段と向上する列車の登場は、ダイヤ改正パンフレット等における改善点紹介とかで格好のネタになりそうなもんだが、なにぶん2006年12月改正は京成史上に残るであろう大改正、快特の運転開始、新京成線の直通運転開始、スカイライナーの船橋停車などなど内容がてんこ盛りで、4A14どころではなく、ものの見事にスルーされてしまった。せっかく早起きしたのに・・・不憫な列車である。

車両運用としては、同じく2006年10月改正で新設された成田駅1番線夜間留置車両が充当され、これは前日の22A21から繋がる運用である。また、上野到着後は東成田行の6A15となる。

最新記事

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更
2021年 四直界隈10大ニュース

2021年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2021年四直界隈10大ニュース」と題して2021年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2021年 四直界隈10大ニュース

京成珍列車