KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.11.08

こんなに天気が悪いのに、風景気味に写真を撮ろうってアホはどこのどいつだぁ~い?

・・・アタシだよッ! (やや古いネタで恐縮)

N12559.jpg

京成3500形 3592編成
2008.11.8/小室〜千葉ニュータウン中央

▲北総線を走る3592編成、送り込み

ってなわけで、「都営フェスタ'08 in 浅草線」の開催に合わせて、臨時列車「都営フェスタ号」が運転された。プレスリリース等の予告通り、3500形未更新車の3592編成が使用されている。3500形の未更新車の北総線入線は、一体全体どれぐらいぶりなんじゃ? ってぐらい久々のはずなので、ここはやはり北総線らしいところを行く姿を抑えようと思ったところ冒頭のネタである。予想外の悪天候に四苦八苦、雨が降るなんて聞いてないぞぉ・・・

N12563.jpg

京成3500形 3592編成
2008.11.8/小室〜千葉ニュータウン中央

▲前面の種別部分にヘッドマークを掲出

しかしながら、3500形の未更新車にこれほどまで注目が集まるということもないんでなかろうか。このような機会を作ってくれた主催者には感謝しなければなるまい。3500形は送り込み含む往復ともに急行灯を点灯、なんとも凛々しい姿を見せてくれた。初めて3500形未更新車の急行灯点灯を見たって方も多いんでないかい?

ヘッドマークを掲出ということで、個人的には「臨」を表示してパタサボのステー部分にHMを掲出という妄想を抱いていたのだが、実際には種別部分に特製のものが挿入されている。

  

上の画像で示すとおり、ヘッドマークは走行線区ごとに交換を実施している。基本デザインは同一ながら、走行線区のラインカラーをあしらったものをそれぞれの線区で掲出、計3種のバリエーションが見られたわけだ。フェスタの会場で北総鉄道の方にヘッドマークに関してお話を伺ったところ、「たまにはこういう洒落たこともいいですよね(笑)」とのこと。主催者側も楽しんでいることが垣間見えたのがよかった。やっぱりイベント列車ってのはこうでなくっちゃね。

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る