KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.11.18

1998年の11月18日に現・羽田空港駅が開業して、今年で10周年。祝!というわけだが、適当な画像が無いんで、4年前の「羽田空港新ターミナルPRラッピング電車」でも掲載してみる。

F01070.jpg

京急新1000形 1025編成
2004.11.22/平和島

▲羽田空港新ターミナルPRラッピング電車
F01633.jpg

京急新1000形 1025編成
2005.3.4/四ツ木

▲京成線にも姿を見せる

羽田の第1ターミナルはJAL、第2ターミナルはANAで定着しているが、2ビルが開業したのは4年前の12月のことで、このとき走った電車がこれになる。今でこそ「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」という青い600形と2100形がそれぞれ1編成ずつ走っているが、"青い京急"の元祖はこのラッピング電車、ラッピングとは言え「赤い電車」のイメージを覆す鮮やかな青い車体は非常に印象的であった。

さてさて、7周年で「レインボートレイン」、8周年で「ハッピーキャンペーン」と羽田空港関連においては積極的にイベントやキャンペーンを実施する京急、今年は特にキリの良い10周年ということで一体何をやるんさ?という感じであったが、記念きっぷの発売や全国の都市でキャンペーンを展開、やはり京急の羽田空港に対する力の入れようは半端無いということを再認識、である。

趣味者として気になるのは車両への装飾等だが、新1000形などへのヘッドマーク掲出、特に606編成「BLUE SKY TRAIN」にはラッピングも実施されている模様。この記事では過去ネタで誤魔化したような気がしないでもないが^^; 、撮影することができ次第、順次掲載してまいりやす。

最新記事

京急1000形 「京急夏詣号」運転(2024年)

空とあなたと夏詣。京急電鉄では、6月末より「京急夏詣キャンペーン2024」の実施に合わせて、「京急夏詣号」の運転を行っている。「夏詣」キャンペーンは同社が2019年度より毎年実施しているもので...

京急1000形 「京急夏詣号」運転(2024年)
都営浅草線 自動放送どうするの問題を考える

都営浅草線の自動放送どうするの問題を考える。列車内における案内として重要なアナウンス。アナウンスでは列車の種別行先や次駅の案内が行われるが、昨今では自動放送が主流となっており、車掌が自らの肉声で...

都営浅草線 自動放送どうするの問題を考える
船橋新京成バス2741号車 「ふなっしー号」

「ふなっしー」なバスが走る。船橋新京成バス2741号車が特別仕様「ふなっしー号」として走ってる。「ふなっしー」といえば千葉県船橋市を中心に暴れている同市で人気の非公認キャラクターだが、2023年...

船橋新京成バス2741号車 「ふなっしー号」
北総車の京急線内特急運転が復活

約19年ぶりに復活した北総車の京急線内特急運転を見る。京急線に大きな変化をもたらした2022年11月ダイヤ改正。京急自ら「23年ぶりの大改正」としたこのダイヤ改正では、特に日中時間帯の運行...

北総車の京急線内特急運転が復活
京成3000形 「京成グループ花火ナイター号」(2024年)

今年も夏がやってきた。京成電鉄では、6月中旬より「京成グループ花火ナイター号」の運転を行っている。7月13日にZOZOマリンスタジアムで行われる千葉ロッテマリーンズvsオリックス・バファローズの...

京成3000形 「京成グループ花火ナイター号」(2024年)