KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.11.18

1998年の11月18日に現・羽田空港駅が開業して、今年で10周年。祝!というわけだが、適当な画像が無いんで、4年前の「羽田空港新ターミナルPRラッピング電車」でも掲載してみる。

F01070.jpg

京急新1000形 1025編成
2004.11.22/平和島

▲羽田空港新ターミナルPRラッピング電車
F01633.jpg

京急新1000形 1025編成
2005.3.4/四ツ木

▲京成線にも姿を見せる

羽田の第1ターミナルはJAL、第2ターミナルはANAで定着しているが、2ビルが開業したのは4年前の12月のことで、このとき走った電車がこれになる。今でこそ「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」という青い600形と2100形がそれぞれ1編成ずつ走っているが、"青い京急"の元祖はこのラッピング電車、ラッピングとは言え「赤い電車」のイメージを覆す鮮やかな青い車体は非常に印象的であった。

さてさて、7周年で「レインボートレイン」、8周年で「ハッピーキャンペーン」と羽田空港関連においては積極的にイベントやキャンペーンを実施する京急、今年は特にキリの良い10周年ということで一体何をやるんさ?という感じであったが、記念きっぷの発売や全国の都市でキャンペーンを展開、やはり京急の羽田空港に対する力の入れようは半端無いということを再認識、である。

趣味者として気になるのは車両への装飾等だが、新1000形などへのヘッドマーク掲出、特に606編成「BLUE SKY TRAIN」にはラッピングも実施されている模様。この記事では過去ネタで誤魔化したような気がしないでもないが^^; 、撮影することができ次第、順次掲載してまいりやす。

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る