KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.12.31

羽田空港駅が開業10周年を迎えたのは既報の通り、この一環として11月16日より京急新1000形や600形をはじめ、直通各社局の車両に「成田-羽田直結10周年」ヘッドマークが絶賛掲出された。・・・って、直結? ここは素直に「羽田空港駅開業10周年」じゃないんかい??

N13112.jpg
▲直通10周年のヘッドマークを掲出した600形

というのも、確かに98年の羽田空港駅開業では「エアポート快特」などを新設、成田空港~羽田空港間の連絡特急運転で数年間は盛り上がったものの、これはもはや過去のハナシ。ダイヤ改正を重ねて、両空港間を結ぶ列車がほぼ壊滅的な状況にまでなってしまった現在、「成田-羽田の直結」を改めてお祝いするというのは逆に少し寂しい気がしないでもない。

「エアポート快特~飛特急」が廃止となった2002年10月改正で成田空港行をわざわざ残存させたこと、2006年12月改正で佐倉行の電車に「成田空港方面」を追加表示していることから、京急の成田空港直結願望は非常に強いと見てとれるのだが、今回のヘッドマークはそれが強く表に出た格好のように思う。直通社局に対して「成田~羽田の直通特急をぜひぜひ走らせましょーぜ」という、京急のアツいラブコールでは?と思ったりしちゃうのである。

N13127.jpg
▲LEDにも「成田空港方面」を表示する佐倉行の新1000形(※HM付きの1097編成で代走した12月17日の17H)