KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.12.15

完全に"お祭り"便乗である。お手軽撮影地新子安で迎え撃ってみた。

N13096.jpg

JR東日本 田端運転所 EF65 1107号機
2008.12.15/新子安

▲EF65-1107牽引で運転された「富士・はやぶさ」

13日発下り及び14日発上りの寝台特急「富士・はやぶさ」をJR東日本田端運転所所属のEF65 1107が牽引した。言わずもがな、「富士・はやぶさ」の直流区間の牽引担当は下関のEF66であり、一体何が起こったのかと言うと・・・事の発端となったのは12日発上り「富士・はやぶさ」。牽引中のEF66 46が線路内に侵入した動物と衝突をしたとのこと。その際、EF66 46に不具合が生じたようで、運用の繋がる翌13日発下りの牽引を急遽EF65 1107に振替え、さらに、返却を兼ねて翌々14日発上りも同機の牽引となった。

今回のEF65代走、特筆するのは「富士・はやぶさ」の正調ヘッドマークが掲出されたという点に尽きよう。歴史の浅い「富士」と「はやぶさ」の混ぜこぜヘッドマークではあるものの、それは紛れもなく特急列車の証。そこらへんの○○周年だとか、さようなら○○などのヘッドマークとは次元が違う。不測の事態ではあるものの、非常に貴重なシーンが展開されたのであった。

寝台特急「富士・はやぶさ」は各所で報道されている通り来年3月での廃止が決定されており、そのような廃止間際での今回の代走劇・・・このような事態は今回が最後だろうが、誠に事実は小説より奇なり。

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る