KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.12.15

完全に"お祭り"便乗である。お手軽撮影地新子安で迎え撃ってみた。

N13096.jpg

JR東日本 田端運転所 EF65 1107号機
2008.12.15/新子安

▲EF65-1107牽引で運転された「富士・はやぶさ」

13日発下り及び14日発上りの寝台特急「富士・はやぶさ」をJR東日本田端運転所所属のEF65 1107が牽引した。言わずもがな、「富士・はやぶさ」の直流区間の牽引担当は下関のEF66であり、一体何が起こったのかと言うと・・・事の発端となったのは12日発上り「富士・はやぶさ」。牽引中のEF66 46が線路内に侵入した動物と衝突をしたとのこと。その際、EF66 46に不具合が生じたようで、運用の繋がる翌13日発下りの牽引を急遽EF65 1107に振替え、さらに、返却を兼ねて翌々14日発上りも同機の牽引となった。

今回のEF65代走、特筆するのは「富士・はやぶさ」の正調ヘッドマークが掲出されたという点に尽きよう。歴史の浅い「富士」と「はやぶさ」の混ぜこぜヘッドマークではあるものの、それは紛れもなく特急列車の証。そこらへんの○○周年だとか、さようなら○○などのヘッドマークとは次元が違う。不測の事態ではあるものの、非常に貴重なシーンが展開されたのであった。

寝台特急「富士・はやぶさ」は各所で報道されている通り来年3月での廃止が決定されており、そのような廃止間際での今回の代走劇・・・このような事態は今回が最後だろうが、誠に事実は小説より奇なり。

最新記事

京急1000形 「京急夏詣号」運転(2024年)

空とあなたと夏詣。京急電鉄では、6月末より「京急夏詣キャンペーン2024」の実施に合わせて、「京急夏詣号」の運転を行っている。「夏詣」キャンペーンは同社が2019年度より毎年実施しているもので...

京急1000形 「京急夏詣号」運転(2024年)
都営浅草線 自動放送どうするの問題を考える

都営浅草線の自動放送どうするの問題を考える。列車内における案内として重要なアナウンス。アナウンスでは列車の種別行先や次駅の案内が行われるが、昨今では自動放送が主流となっており、車掌が自らの肉声で...

都営浅草線 自動放送どうするの問題を考える
船橋新京成バス2741号車 「ふなっしー号」

「ふなっしー」なバスが走る。船橋新京成バス2741号車が特別仕様「ふなっしー号」として走ってる。「ふなっしー」といえば千葉県船橋市を中心に暴れている同市で人気の非公認キャラクターだが、2023年...

船橋新京成バス2741号車 「ふなっしー号」
北総車の京急線内特急運転が復活

約19年ぶりに復活した北総車の京急線内特急運転を見る。京急線に大きな変化をもたらした2022年11月ダイヤ改正。京急自ら「23年ぶりの大改正」としたこのダイヤ改正では、特に日中時間帯の運行...

北総車の京急線内特急運転が復活
京成3000形 「京成グループ花火ナイター号」(2024年)

今年も夏がやってきた。京成電鉄では、6月中旬より「京成グループ花火ナイター号」の運転を行っている。7月13日にZOZOマリンスタジアムで行われる千葉ロッテマリーンズvsオリックス・バファローズの...

京成3000形 「京成グループ花火ナイター号」(2024年)