KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.12.21

京急では、今年の2月より創立110周年記念に関連するラッピング電車が走っていたが、今月23日で引退が決定、16日より「LAST RUN!」と書かれたヘッドマークを貼り付けての運転となっている。

N13183.jpg
▲「LAST RUN!」HMを掲出した1309編成「ありがとうギャラリー号」
N13166.jpg
▲同じく1321編成「京急110年の歴史ギャラリー号」

ラッピング電車運行開始のプレスリリースでは運行期間が1年間ということで、来年の2月末ぐらいまで走るもんだとばっか思っていた。運行終了の発表においては、ラッピング対象車両そのものの廃車が終了の理由となっているが、検査履歴を見てみると、1309編成がH17- 3(重検)、1321編成がH19- 4(重検)となっており、1309編成が検査期限ギリギリといったところで引退なのだろう。一方、1321編成はあと2年ぐらい使えそうで、こちらはもう少しラッピングのまま走らせてもよさそうなのだが、片方のラッピング電車だけが先に消えてしまうのはキリが悪いということで、今回の2編成同時のラッピング解除という流れになったのでは、と考えられる。したがって、1321編成はラッピング解除後も走る可能性がありそう??

「LAST RUN!」ヘッドマークを掲げた姿だけでは寂しいので、正調の「110周年」ヘッドマークの姿の画像もアップしておく。「LAST RUN!」が掲出されてから、このラッピング電車を追いかける者が目立つようになったが、やはり「LAST RUN!」なんかではなく、「110周年」のヘッドマークを掲げた姿が真の意味での110周年記念電車では、と思う。

N09514.jpg
▲1309編成「ありがとうギャラリー号」
N13102.jpg
▲1321編成「京急110年の歴史ギャラリー号」

個人的に復刻塗装の類が好きなので、1年かけてじっくり狙ってみようと思っていたものの、結局写欲が沸かず思ったほど撮影枚数が伸びずに終わってしまった。ただ一つ悔やむとすれば、5月26日にただ一度だけ実現した、1321編成の9B→9A増結車充当を撮り逃してしまったことだろうか。うーむ。

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更