KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.12.22

年も暮れだというのに大きな事故である。12月22日12時10分頃、京成線八幡~鬼越間の八幡9号踏切(鬼越逆1号)で電車と乗用車の衝突事故が発生した。当該の編成は3017編成(1109:普通うすい行)で、踏切内で乗用車と衝突した後、乗用車を引きずったまま約80メートル走った模様。なお、当該編成は事故後に宗吾参道まで自力で回送されており、スカートに破損が生じた他にダメージは大して無い様子である。

現場が開通したのは15時7分頃とのことだが、この間、京成線は小岩~東中山間で運転を見合わせており、ダイヤが大幅に乱れた。その時の運行状況を適当に記す。

  • 報道等では高砂~東中山間が不通とされていたが、実際には小岩行が数本走っており、厳密には小岩~東中山間で運転を見合わせていた。
  • 東中山以東では、快速の羽田-佐倉系統の列車を運休とした。事故発生以前に上り列車として走っていた分については東中山で運転を打ち切って、折返し快速成田空港行として走らせた。また、特急の運転も取り止めて、代わりに津田沼~成田空港間の普通として運転した。うすい系統の普通は東中山で折返し運転を行なった。
N13200.jpg
▲特急運転を取り止めて普通津田沼行で走る13A10:3658編成
N13211.jpg
▲快速成田空港行、1303T:5313編成 5300形の成田空港行は2006年12月以来か
  • 1184H:606編成(快速佐倉行)は市川真間で運転を打ち切り。その後?
  • 1280K:3448編成(快速羽田空港行)は東中山で運転を打ち切り、折返し1289K快速成田空港行になる。
  • 1202T:5313編成(飛快速羽田空港行)は東中山で運転を打ち切り、折返し1303T快速成田空港行になる。宗吾に入庫して1702Tで復帰?
  • 1284K:3788編成(快速羽田空港行)は普通津田沼行の後、快速東中山行となって、折返し1365K快速佐倉行になる。1278K以後の快速は運休。
  • 1300:3025編成、普通津田沼表示で運転。多分、東中山まで走っている。1308は運休。
  • 1113(普通うすい行)は津田沼で寝ていた3528編成(4連)を使用して津田沼から代走。うすいで折返し1312普通東中山行になる。
N13205.jpg
▲4連の3528編成で代走、1312普通東中山行
N13218.jpg
▲1418:3009編成、普通東中山行

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K