KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.02.15

京成及び直通各社局では14日にダイヤ改正・修正を実施したが、新たに生まれる列車があれば消え行く列車もある・・・ということで、今修正で消滅した列車を1本ピックアップしてみる。

D00556.jpg
▲1本だけ存在した夜の押上線上り急行

[平日]1822H 急行三崎口
始発:青 砥1852 → 終着:三崎口2052
ダイヤ:2006.12.10改正
備考:押上から快特

押上線には日中の40分に1本の割合で急行列車が運転されているが、その運転時間帯外にも数本の急行が設定されている。このうちの1本が、今回取り上げる1822Hであった。夕方の押上線、下りの急行は北総線直通のものが数本走っているが、上りの急行はこの1本のみ。夕方になぜか1本だけ現れる急行列車というわけである。この上り急行は2004年10月改正で1872Kとして登場しているが、翌々2006年12月の改正で青砥始発の三崎口行に変更され、平日1本のみの珍列車が登場したのだった。

わずか2年だけの短命と言えば短命だが、急行三崎口行自体は大量に走っていた時期がある。羽田空港駅が開業した1998年11月のダイヤ改正では、それまで普通のみだった日中の青砥~三崎口系統の2本に1本が押上線内を急行として走るようなるのだが、40分に1本の割合で急行三崎口行が走っていたわけで、このときは珍しくもなんともなかった。2002年10月の改正で、上りのみ高砂~西馬込系統とスジが交換されて消滅、押上線は現在の運転形態となる。

C00706.jpg
▲1998~2002年に運転していた三崎口行急行

2001年9月改正までは都営線直通快特の京急線内120km/h運転は実施されておらず、画像のように1000形の急行も京成線内で頻繁に見られた。

京急珍列車