KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.02.19

今年も千葉県内でSL列車が設定され、2月13日から15日の3日間「SL春さきどり号」が千葉みなと~木更津間で運転された。一昨年、そして昨年と千葉でのSL列車は撮影に出向いているのだが、今年は諸般の事情で本運転に行くことができなく、その代わり試運転の様子を見に行ってきた。

D00518.jpg

JR東日本 新津運輸区 C57 180号機
2009.2.10/千葉みなと〜蘇我

▲千葉都心をバックに走るC57

今年のSL列車は京葉線千葉みなと始発ということで、京葉線内を走る姿を捉えるべく千葉ポートタワーに登ってみた。地上100m超の大俯瞰撮影である。撮影日、10日の天気は晴れだったものの、気温がやや高く霞がかっており、ポートタワーの撮影者一同はやきもきしていたのだが、運転の時間に近づくにつれて霞がとれて、俯瞰としてはほぼ最高の条件で撮影することができた。ただし、相手はSLである。この日の風向が若干東寄りだったために、煙がこちら側に流れてきてしまった。SLの撮影は難しい。

この列車、これをお読みになっている皆様もご承知の通り元々D51での運転予定だったものが、当該車両の故障により運転全てが新津運輸区のC57での代走となっている。D51の故障で、一時は列車そのものの運転も危ぶまれたようだが、なんとかして運転にこぎつけた関係者各位には感謝せねばなるまい。来年もぜひぜひ期待である。

D00527.jpg

JR東日本 新津運輸区 C57 180号機
2009.2.10/千葉みなと〜蘇我

▲東京湾岸を進む「SL春さきどり号」の試運転

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化