KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.03.12

前回は夜を走る姿を掲載したが、最後はやっぱり晴れ空の下をば。「富士」「はやぶさ」は、ちょうど東海道線の朝ラッシュが終わった頃に関東に入ってくるようなダイヤ設定で、晴れれば順光で綺麗に撮れる列車であった。

N08119.jpg

JR西日本 下関車両管理室 EF66 53号機
2008.1.4/三島〜沼津

▲沼津を出発し、東京までもうひと息
N08625.jpg

JR西日本 下関車両管理室 EF66 53号機
2008.2.16/藤沢〜辻堂

▲有名撮影地の一、鵠沼第二踏切 天気が良ければバックに富士山が収まるのだ

廃止を直前にして、沿線はどこもかしこもお祭りの様相を呈している。主要駅では、引退を記念して製作されたグッズも販売されており、こちらも大人気の状態。思わず財布の紐が緩みそうになるが、個人的にはコレである。

P10362.jpg

「はやぶさ」 特急券・B寝台券

▲「はやぶさ」 特急券・B寝台券

1度は乗っておきたいと思っていた「はやぶさ」、昨年の夏にようやく乗ることができた。この時のきっぷが何よりの記念品。いい思い出になりました。

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る