KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.03.20

昨年に撮ったEF55+旧型客車以来、旧型客車をもっと撮りたいという気分になっているのだが、このたび久留里線に旧型客車やってくるということで、馳せ参じてきた。

D00808.jpg

JR東日本 宇都宮運転所 DE10 1665号機
2009.3.19/東横田〜馬来田

▲久留里線を行く旧型客車
D00813.jpg

JR東日本 宇都宮運転所 DE10 1202号機
2009.3.19/東横田〜馬来田

▲凸□□凸というヘンテコ編成をサイドから

久留里線で「のんびりくるり号」なるイベント列車が運転されるようで、今回撮影したのはこの列車の試運転。試運転と言えども、編成・ダイヤとも本運転と同様に設定、本運転との差異は乗客がいないこととヘッドマークの有無ぐらいだろうか。

編成は木更津方よりDE10 1202+スハフ42-2173+スハフ32-2357+DE10 1665の4両編成で、折り返しをする久留里駅での機回しの手間を省くためDE10によるプッシュプル。前後対称のヘンテコ編成を真横から撮ってみたものの(2枚目)、これじゃどっちに進んでるかわからねえよ!!

久留里線と言えば、未だに国鉄時代の古い気動車が元気に走っている路線だが、いよいよ置換えのアナウンスも聞こえてきたことだし、じっくりと狙ってみようかしら。

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更