KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.04.29

祝、都電荒川線の新型車両8800形営業運転開始!

D01431.jpg

都電荒川線8800形 8801号車
2009.4.26/王子駅前-飛鳥山

▲飛鳥山の併用軌道を行く8801号車

都電荒川線では2006年と2008年に9000形をそれぞれ1台ずつ導入しているが、今回デビューした8800形は、純粋な一般型としては1990年に登場した8500形以来の新形式となっている。これまでの荒川線の車両のイメージを覆すようなローズ色を採用したことが大きな特徴となっており、今流行りの白いボディと組み合わせた車両デザイン。制御装置には東洋電機製のIGBT-VVVFインバータを採用、車内には案内用の液晶ディスプレイ(LCD)を備えるなど、スペック上も最新のものを揃えている。

D01503.jpg

都電荒川線8800形 8802号車
2009.4.26/荒川電車営業所

▲荒川車庫では簡単な撮影会も実施

一方で、8800形の導入はこれまでほとんど動きの無かった荒川線の車両群に、いよいよ置換えの波が到来したことを意味する。来年以降も順次導入され、7500形を淘汰していく予定となっている。

営業運転初日となった26日は午前9時30分から出発式を実施、8801号車が早稲田まで、8802号車が三ノ輪橋までそれぞれ1往復して終了した。交通局の公式Webサイトで8800形の今後の運行予定を記載しているが、まだまだ特別扱いといったような感じで出番は少なめ。せっかくの新型車両なのだから、もったいぶることなくどんどん走らせちゃえばいいのに!

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化