KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.04.05

引き続き北総ネタ。今年の「ほくそう春まつり」ヘッドマークは、北総線開業30周年ということもあって「30」の文字が入れられたが、7年前にも「30」のヘッドマークを掲出したことがあった。

C00742.jpg

北総7000形 7002編成
2002.3.24/立会川

▲赤のヘッドマークを掲出した7002編成
C00740.jpg

北総7000形 7004編成
2002.3.24/立会川

▲7004編成は白いデザイン
C00741.jpg

北総7000形 7006編成
2002.3.24/大森海岸

▲7006編成は緑地に赤文字

2002年春のヘッドマークは、北総開発鉄道の創立30周年ということで、これに関するヘッドマークを掲出した。北総の春のヘッドマークは今も毎年恒例のものとして続いているが、当時は7000形3編成にそれぞれ異なるデザインのものを掲出するというスタイルであり、この「創立30周年」ヘッドマークも7002編成が赤、7004編成が白、7006編成が緑といった具合に、編成ごとに異なるものが掲出された。

翌2003年からヘッドマークの柄を統一し、7000形以外への掲出も始まるのだが、編成毎に異なるヘッドマークを撮影するために7000形3本をそれぞれ追っかけたものだが、今ほどネット上の目撃情報網も充実しておらず、3編成捕まえるのは地味に大変だった。

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了