KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.04.05

引き続き北総ネタ。今年の「ほくそう春まつり」ヘッドマークは、北総線開業30周年ということもあって「30」の文字が入れられたが、7年前にも「30」のヘッドマークを掲出したことがあった。

C00742.jpg
▲赤のヘッドマークを掲出した7002編成
C00740.jpg
▲7004編成は白いデザイン
C00741.jpg
▲7006編成は緑地に赤文字

2002年春のヘッドマークは、北総開発鉄道の創立30周年ということで、これに関するヘッドマークを掲出した。北総の春のヘッドマークは今も毎年恒例のものとして続いているが、当時は7000形3編成にそれぞれ異なるデザインのものを掲出するというスタイルであり、この「創立30周年」ヘッドマークも7002編成が赤、7004編成が白、7006編成が緑といった具合に、編成ごとに異なるものが掲出された。

翌2003年からヘッドマークの柄を統一し、7000形以外への掲出も始まるのだが、編成毎に異なるヘッドマークを撮影するために7000形3本をそれぞれ追っかけたものだが、今ほどネット上の目撃情報網も充実しておらず、3編成捕まえるのは地味に大変だった。