KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.04.14

前回、押上線内の京急車急行を取り上げたので、今回もその流れで京急車の急行を取り上げてみる。もっとも、今回は珍運用と言ったほうが適切かもしれないが・・・。

D01018.jpg
▲京急車の急行西馬込行

[平日]1478H 急行西馬込
始発:高 砂1425 → 終着:西馬込1512
ダイヤ:2007.04.02修正
備考:押上から普通

2006年12月のダイヤ改正で登場した平日73H(2007年4月のダイヤ修正で79Hに変更)は実に面白い運用で、779Hで三崎口から高砂へやってくると、高砂で小休憩の後、1678Hの三崎口行となるまで高砂~西馬込間を3往復する運用となっている。車両の所属とは関係の無い線区で動くいわゆるアルバイト運用というやつで、3往復のうち往路の西馬込行(1078H、1278H、1478H)が押上線内急行で運転される。京急車の西馬込行は2004年10月のダイヤ改正で一旦消滅していたが、2年ぶりに、しかも「急行」で復活したのであった。なお、京急車の急行西馬込行は1999年7月ダイヤ修正で登場した土休日1950H以来である。

N06707.jpg
▲都営車で代走の1478H

ここでちょっぴり珍しい画像をアップしてみよう。2007年の9月中旬から10月上旬にかけて、79Hの一部を都営車で代走するというシーンが見られた。都営の乗務員教習のためだったようで、1179Hから1478Hまで79H充当の京急車を馬込車両基地に取り込んで教習を実施、その間都営車で代走するというものだった。このように、他社局の車庫所在駅に直接乗入れることは、社局間の車両のやりくりに便利(?)なのである。

これまでいくつか取り上げてきた珍列車ってのは、朝ラッシュから日中、あるいは日中から夕方~夜間のラッシュのダイヤ移行時に出現しやすいものであるが、この79Hは運用そのものが珍であるために、白昼堂々と珍列車が見られるわけである。