KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.04.14

前回、押上線内の京急車急行を取り上げたので、今回もその流れで京急車の急行を取り上げてみる。もっとも、今回は珍運用と言ったほうが適切かもしれないが・・・。

D01018.jpg

京急1500形 1607編成
2009.4.7/立石〜青砥

▲京急車の急行西馬込行
  • [平日]1478H 急行西馬込
  • 始発:高 砂1425 → 終着:西馬込1512
  • ダイヤ:2007.04.02修正
  • 備考:押上から普通

2006年12月のダイヤ改正で登場した平日73H(2007年4月のダイヤ修正で79Hに変更)は実に面白い運用で、779Hで三崎口から高砂へやってくると、高砂で小休憩の後、1678Hの三崎口行となるまで高砂~西馬込間を3往復する運用となっている。車両の所属とは関係の無い線区で動くいわゆるアルバイト運用というやつで、3往復のうち往路の西馬込行(1078H、1278H、1478H)が押上線内急行で運転される。京急車の西馬込行は2004年10月のダイヤ改正で一旦消滅していたが、2年ぶりに、しかも「急行」で復活したのであった。なお、京急車の急行西馬込行は1999年7月ダイヤ修正で登場した土休日1950H以来である。

N06707.jpg

都営5300形 5310編成
2007.9.18/四ツ木

▲都営車で代走の1478H

ここでちょっぴり珍しい画像をアップしてみよう。2007年の9月中旬から10月上旬にかけて、79Hの一部を都営車で代走するというシーンが見られた。都営の乗務員教習のためだったようで、1179Hから1478Hまで79H充当の京急車を馬込車両基地に取り込んで教習を実施、その間都営車で代走するというものだった。このように、他社局の車庫所在駅に直接乗入れることは、社局間の車両のやりくりに便利(?)なのである。

これまでいくつか取り上げてきた珍列車ってのは、朝ラッシュから日中、あるいは日中から夕方~夜間のラッシュのダイヤ移行時に出現しやすいものであるが、この79Hは運用そのものが珍であるために、白昼堂々と珍列車が見られるわけである。

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化