KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.06.20

この会社は車両置換えのペースが尋常じゃない・・・

N12160.jpg

京王6000系 6749編成-6437編成
2008.9.30/八幡山

▲新宿線直通の証、緑色の方向幕を表示して走る6000系
D01315.jpg

京王6000系 6742編成-6438編成
2009.4.20/笹 塚

▲堂々の前パン10連も見納めに

京王では2010年度の全車両VVVFインバータ化を目指して車両の更新が進められているが、この一環で1980年から新宿線への直通運転を担ってきた京王6000系の30番台編成が全廃となった。つまりは、都営新宿線から京王6000系が撤退。最終運用は今月10日の65K、編成は6742編成-6438編成であった。個人的には、本八幡から新宿線で都心方面に出る時によくお世話になった。

京王と都営新宿線の直通では「冬そば号」とか「Tama Zoo Train」などの臨時列車を走らせることがままあるので、このノリで京王6000系撤退のイベント列車をほんのり期待していたのだが、何事も無く静かな撤退となっている。しかし、他の6000系新宿線直通編成が廃車直前は距離稼ぎのために本線系統の運用に入っていたというから、最後の6742編成-6438編成が6000系30番台の用途である新宿線直通で運用を終えられただけでもよかったのかもしれない。

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化