KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.06.30

祝・創立100周年!

D02631.jpg
▲特急金町行として運転された「創立100周年記念列車」

100年後の創立記念日が私の休日と重なるように創業していただければありがたかったのだが、なんとか時間をやりくりして撮影することができた。"青電色"となった3356編成を使用しての「創立100周年記念列車」である。上野では出発式が催されているが、スペシャルゲストを用意するわけでもなく、また、列車も"青電"が特急金町行として走るだけで、装飾の類は一切無しという実に渋い内容。だが、それが素晴らしい。訳の分からんヘッドマークを付けて100周年の重みをぶち壊してもらってはたまらんのである。余計なものはいらないのだ。

さて、軽々しくも特急金町行として淡々と走るだけ・・・と書いてしまったが、今回の列車は特急金町行という点が重要だったように思う。ひとつは1912年に京成が初めて開業した区間(押上~伊予田、曲金~柴又)を含み、原点に帰りつつ、(通過駅は無いけど)初の金町線での特急運転(※)で、100周年にして新たな歴史を作ったのである。

運番はS99で、3月末に運転された9100形の特急千葉ニュータウン行と同じく駅の案内表示類もしっかりと「特急金 町」の表示が見られた。運転当日の送り込みは高砂から運転されている。宗吾からの送り込みは、朝だけ走って高砂に入庫する営業列車を使うのかなと勝手に思っていたのだが、前日に臨時の回送スジを使って送り込まれたようである。特急金町行を青電復活の営業第1号列車にしたかったようだ。

D02617.jpg
▲送り込み

大勢の連中が沿線でカメラを構えていると、沿線の方から「何かくるの?」などと声を掛けられることが多いが、沿線に住んでいらっしゃるご年配の方々と少しながらお話させていただいたところ「懐かしいね」とのこと。私が生まれた頃は既に赤電だったので、今回の青電はちっとも懐かしくないのだが、こういうハナシを聞かせていただくと何だか私も懐かしい気分になる(?) ただ、「ちょっと色が違うかも」「もっとくすんでた」ってな声も聞いた。もしかしたら4年間(次の検査まで)走らせて、汚くなってきた頃がちょうどいい(?)のかもしれん。ってなわけで、100周年限定とか言わないで、できるだけ長く走らせていただきたいことを切に願いつつ文を〆る。

(※)すごく自信無い(>_<)のだが、多分初か?????????????
手元の資料には今のところ見当たらないし、思い当たるところで終夜運転にて急行金町行とか金町始発のエアポート快特羽田空港行という列車はあったが、これらは京成線内は普通だったし。

- 8/27追記 -
さわやかちば県民プラザで開催された、鉄道友の会による写真展「京成100周年にちなんで」によると、金町線での特急運転はやはり初めてのことのよう。

関連記事

京成3300形3324編成 "赤電"リバイバルカラー

"青電"に続き、"赤電"も登場! 「京成電鉄創立100周年記念列車」の第2弾の赤電塗装が復活、25日の61運行より運用入りと相成った。今回リバイバルカラーとなったのは3324編成で...

京成3300形3324編成
京成3300形3356編成 "青電"リバイバルカラー

渋い、渋すぎる・・・ 3356編成が緑の濃淡の、いわゆる「青電色」となって宗吾工場を出場した。ネット上で宗吾基地パパラッチの様子がいくつか挙がっていたが、いよいよ現車が本線上に現れた。公式的な...

京成3300形3356編成
京成3300形3320編成 "寅さん電車"

6月の頭ごろから葛飾観光PRのラッピング電車が走っているが、第1弾の3596編成は無事終了、8月1日にその第2弾となる「映画『男はつらいよ』シリーズ開始40周年記念」ラッピング電車がお目見え...

京成3300形3320編成
京成3300形8連復活!@2007年4月

気づけば大型連休も終わり、皆様いかがお過ごしでしょうか^^ゞ 私はどこへ出かけるということもなく、従って大した撮影もせず終わってしまった。ってなわけで、過去ネタを少々・・・。過去ネタと言っても...

京成3300形8連復活!@2007年4月
大雪の京成線@2008年2月 3 - 雪晴れを行く3300形

大雪が降った3日の翌4日は前日の荒天を忘れさせるような晴天、気持ちの良い雪晴れと相成った。雪晴れにおいては、雪が天然のレフ板になってくれるおかげで、車体や足回りに満遍なく光が回ってくれるため...

大雪の京成線@2008年2月 3 - 雪晴れを行く3300形