KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.07.05

横浜を走る鉄道と言ったら、東京横浜電鉄・・・もとい東急東横線を忘れてはいけない。

N07967.jpg

東急9000系 9009編成
2007.12.29/妙蓮寺〜白楽

▲横浜開港150周年の広告電車となっていた9009編成

ってなわけで、画像の在庫整理を兼ねて・・・東横線で走っていた、横浜開港150周年の広告電車をば。前面にもステッカーを貼付していた。撮影したのは2007年末である。このころから既に横浜開港150周年に関する広告活動が行なわれているのはちょっと早すぎじゃねーのかと思うのだが、湾港都市にとっての開港記念日ってのは学校が休みになっちゃうぐらい大きな存在らしいので、その150周年目の記念日というのは正に一大事なわけである。

この広告電車は開港150周年の日を迎えずに終了、車両そのものも東横線から撤退、大井町線に転属している。

転属と言えば、最近の東急の車両の動きはよく分からないことになっている。本来は田園都市線用であるはずの5000系が東横線に転属するし、大々的に置換えを告知した8500系は消える気配がないし(個人的には8500系が好きなので今の状態で一向に構わないが^^;)、田園都市線で6ドア車がいきなり1両増えたり・・・私のような素人目から見ても、どうも行き当たりばったりな感じがしてならぬ。11日に大井町線の溝の口延伸という明るい話題もあるものの、ちょっと心配になってしまう。

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更