KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.07.25

今回も京王6000系の走行音をば。今回は急行篇なり。

京王6000系デハ6042 森下→馬喰横山

まずは、大江戸線全線開通時に急行停車駅となった森下から浅草線乗換駅の馬喰横山をば。安全のため、通過駅でも速度制限がかかっているのが特徴で、不自然に減速~加速をする1:10ごろが浜町通過である。1駅通過でありながら、両駅間の所要時間は2分強。なお、今回アップしたデハ6042はちょっと異音のある車両かもしれません。

京王6000系デハ6042 神保町→市ヶ谷

続いて、神保町から市ヶ谷へ。靖国通りの下を6000系が快走する。

京王6000系デハ6042 市ヶ谷→新宿

最後は市ヶ谷→新宿。この区間、地図で見るとグネグネしているのだが、実際は外濠横断部と通過駅を除いて制限がほとんどない快走区間。ゆるいカーブと勾配の連続を70km/h強で激しく走り抜く。

今回も画像を1枚添付してみる。

C00755.jpg

京王6000系 6749編成
2002.4.6/明大前〜下高井戸

▲帯が臙脂色1本の頃の6000系。7年前。

HDDを漁っていたらこんなんが出てきた。画像は今から7年前、帯が臙脂色1本の頃の6000系である。実に懐かしい。昨今、鉄道車両のリバイバルカラーがあちらこちらで行なわれているが、6000系の復刻塗装もぜひぜひ希望したいですなあ。

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京王走行音