KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.07.25

今回も京王6000系の走行音をば。今回は急行篇なり。

京王6000系デハ6042 森下→馬喰横山

まずは、大江戸線全線開通時に急行停車駅となった森下から浅草線乗換駅の馬喰横山をば。安全のため、通過駅でも速度制限がかかっているのが特徴で、不自然に減速~加速をする1:10ごろが浜町通過である。1駅通過でありながら、両駅間の所要時間は2分強。なお、今回アップしたデハ6042はちょっと異音のある車両かもしれません。

京王6000系デハ6042 神保町→市ヶ谷

続いて、神保町から市ヶ谷へ。靖国通りの下を6000系が快走する。

京王6000系デハ6042 市ヶ谷→新宿

最後は市ヶ谷→新宿。この区間、地図で見るとグネグネしているのだが、実際は外濠横断部と通過駅を除いて制限がほとんどない快走区間。ゆるいカーブと勾配の連続を70km/h強で激しく走り抜く。

今回も画像を1枚添付してみる。

C00755.jpg
▲帯が臙脂色1本の頃の6000系。7年前。

HDDを漁っていたらこんなんが出てきた。画像は今から7年前、帯が臙脂色1本の頃の6000系である。実に懐かしい。昨今、鉄道車両のリバイバルカラーがあちらこちらで行なわれているが、6000系の復刻塗装もぜひぜひ希望したいですなあ。

最新記事

京成3600形3688編成 リバイバルカラーの1年

京成3600形3688編成がリバイバルカラーとなってからまもなく1年が経とうとしている。リバイバルカラーの1周年を記念して、3688編成のこの1年の動きを振り返ってみよう。3688編成が...

京成3600形3688編成 リバイバルカラーの1年
京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」

さようなら、「ドレミファインバーター」。7月20日、京急1000形1033編成が更新工事前の運行を終了した。同編成は2100形より採用されたドイツ・シーメンス製のGTO-VVVFインバーターを...

京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」
京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ

京成トラベルサービスが主催する鉄道ファン向けのツアーをまとめてみた。京成電鉄と京成トラベルサービスでは、京成トラベルサービス主催・京成電鉄後援という格好で鉄道ファン向けのツアーを開催している...

京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ
京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク

赤ちゃんパンダ、お誕生おめでとう。京成電鉄では、6月末より「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク電車を運行している。これは、6月23日に上野動物園のジャイアントパンダであるリーリーとシンシン...

京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク
四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K

2ヶ月間だけ走った浅草橋行。京成車編。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府より1月8日に発出された2回目の緊急事態宣言では、夜間の外出抑制のため各線で終電の繰上げが実施されることになった...

四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K

京王走行音