KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.08.19

熱いものは熱いうちに食え!

D02704.jpg

京成3000形 3002編成
2009.8.14/うすい〜佐倉

▲平日に1本のみが設定されている6両の快速上野行

  • [平日]9A34 快速上 野
  • 始発:成 田929 → 終着:上 野1049
  • ダイヤ:2006.12.10改正
  • 備考:ー

ってなわけで、前回の記事に引き続きフルカラーLEDとなった京成3000形3002編成の話題をば。14日にフルカラーLEDとなって営業運転に入った3002編成、翌15日には14日からの運用の流れでは6両編成では珍列車にあたる快速上野行に充当。さっそく色の付いている種別のLEDを見られる機会を得た。これを逃すと追いかけるのが面倒になるので、早いうちに食いついてみた次第である。

当然、ピンクで表示されているであろう快速の種別表示をお目当てにしていたのだが、カメラのファインダー越しに見える種別表示は、、、

「あれ、もしかして『普通』表示になってる??」

「ちゃんと『快速』表示にはなってるが・・・」

「ピンクは、ピンクはどこ行ったあああー????!!!!!」

シャッターをパチリ

・・・ってな感じの撮影であった。写真をご覧のように、フルカラーLEDによる快速表示はもしかしたらピンクになってるかもしれない程度の表示となっている。ちなみに、京急車のフルカラーLEDによる快速表示はこれくらいになっており、新1000形と同じくらいピンクピンクした表示が見られると思ったので、ちょっとばかり期待はずれのような感じ。

珍列車シリーズとして記事を作ったのでそちらの方の薀蓄も傾けておくと、6両編成の快速上野行はこの9A34のみ、平日1本の存在である。2006年12月ダイヤ改正で登場した列車で、もともと運転していた快速高砂行を延長したものとなっている。もっとも高砂行として運転していた時も高砂で種別を普通に変更して上野まで直通していたので、同改正で全区間にわたって快速で走るようになったと言ったほうがいいかもしれない。このスジは長らく6両編成の列車として運転されており、さかのぼれば2002年10月ダイヤ改正で快速が登場する前の急行の時代から6両のまま。今でこそ快速以上の優等列車はそのほとんどが8両編成での運転となっているが、6両編成の優等列車がガシガシ走っていた頃の残党のような存在である。

前述のように運用は前日からの繋がりがあるので、充当車両の特定が容易な比較的撮影しやすい珍列車である。撮影しやすいと言いつつも、個人的には実は今回が初撮影。こういったネタが無いと腰が上がらないという悪い見本でございやんす・・・。

関連記事

四直珍列車研究 29 - 土休日 753

土休日の朝に1本のみ設定されている4両編成の宗吾参道行である。現行ダイヤにおいて4連は高砂・津田沼を中心に運用されており、それと京成の車両運用の総本山である宗吾へ車両を送るための列車となっている...

四直珍列車研究 29 - 土休日 753
四直珍列車研究 27 - 平日 1051

青電がリバイバルカラーとして復活、そして赤電・ファイアーオレンジも復活ということで、今回は4連の珍列車を挙げてみる。平日の午前中に運転されている1051レである。京成のダイヤの特徴の1つとして...

四直珍列車研究 27 - 平日 1051
四直珍列車研究 26 - 平日 9A33

この珍列車は、朝ラッシュの終わりかけに走る典型的な変り種である。2006年12月ダイヤ改正において、平日の夜間に上野発高砂行の快速が6本新設された。これらは青砥で押上線からの快特あるいは通勤特急...

四直珍列車研究 26 - 平日 9A33
四直珍列車研究 25 - 平日 1478H

前回、押上線内の京急車急行を取り上げたので、今回もその流れで京急車の急行を取り上げてみる。もっとも...

四直珍列車研究 25 - 平日 1478H
四直珍列車研究 24 - 平日 1822H

京成及び直通各社局では14日にダイヤ改正・修正を実施したが、新たに生まれる列車があれば消え行く列車もある...

四直珍列車研究 24 - 平日 1822H

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る