KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.09.23

シルバーウィーク、AE形もお出かけさ。

D03713.jpg

京成AE形 AE1編成
ユーカリが丘〜うすい/2009.9.19

▲試運転を行なうAE形

というわけで、新型「スカイライナー」AE形、この大型連休5日のうち、実に4日間(19~22日)も試運転を行なった。折りしも、創立100周年記念のリバイバル電車が3色揃って初めての週末(しかも連休)で、リバイバル目的に京成を訪れたら新型スカイライナーも見ることができちゃいました、なんて方もたくさんいらっしゃったのではないだろうか。実はお披露目を兼ねた試運転だったりして(んなわけない)。

それにしても、最近の京成はアツすぎる。リバイバル3色に新型スカイライナー、そしてこちらも新型の3050形もそろそろ京成に入線する頃合かと思われるが、こんなにもネタものが続いてくれると、ネタを追っかけ慣れていない身としては軽くパニックである。嬉しい悲鳴とはこのことか???

さて、ここからが今回の記事の本題となるのだが、一部の報道によると成田新高速鉄道は2010年7月に開業する見込みというだそう。工事は順調に進んでいる模様で、工事そのものは3月に終了するとのこと。では、工事終了の3月から開業の7月まで一体何をやるのかというと、この4ヶ月間は習熟運転に充てるのだそうだ。

今連休中、諸般の事情で、冒頭の1枚しか新型スカイライナーを写真に収めることができなかったのだが、報道の通りに4ヶ月間の訓練運転を行なうとすれば、黙っていても開業前までにお腹一杯AE形の姿を見ることができそうな感じである。

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化