KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.09.26

9月15日から16日にかけて豊川(日本車両)からの甲種輸送が実施された京成3050形だが、24日から26日にかけて金沢八景(東急車輛)から京成線への搬入が行なわれた。

D03954.jpg
▲宗吾車両基地へ回送される京成3050形

かねてより登場が発表されていた、成田新高速線経由の一般特急用車両の現車がいよいよ登場となった。その外観より3000形をベースにした車両と思われるが、車体の各所に空港アクセスを強くイメージした装飾が行なわれている。

D04433.jpg
▲飛行機のイメージがプリントされた側面

3050形の最大の特徴となっているのが外観で、腰部から幕板部の下までフィルムが貼付された。水色をベースとし、京成電車を示す赤と青のラインのほか飛行機のイメージがプリントされている。飛行機は前面のほか、車内の座席のシート柄にも見られており、ここらへんから空港アクセスに賭ける意気込みが伝わってくる。ただ、あまりにも空港アクセスを強くイメージさせてしまうと、空港へ行かない列車に充当された際などに支障が出そうで心配である。

設備面では、行先・種別の表示にフルカラー+高輝度白色LEDが採用されたほか、車内のドア上部に15インチの液晶ディスプレイ(LCD)が設置されている。液晶ディスプレイは京成の一般型車両としては初めてで、どのような表示内容になるか楽しみである。

D04427.jpg
▲3668編成の牽引で宗吾へ回送される

宗吾車両基地への回送は3668編成の牽引にて実施された。従って、回送は4両ずつ行なわれている。