KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.11.16

209系を改造した多目的試験車"MUE-Train"が、11月9・10日および12・13日の4日間、成田線で試運転を実施した。今回の試運転はサヤ209-8を含めた7両編成で行われ、幸運にも秋晴れの下を走る"MUE-Train"の姿を捉えることができた。

D04614.jpg

JR東日本209系 宮ハエMUE-Train
2009.11.9/四街道〜物井

▲成田線で試運転を行う"MUE-train"、試9493M
D04663.jpg

JR東日本209系 宮ハエMUE-Train
2009.11.9/佐倉〜酒々井

▲秋晴れの成田線を行く
D04695.jpg

JR東日本209系 宮ハエMUE-Train
2009.11.10/佐倉〜酒々井

▲(写真じゃ分からんが)低速での試験走行を実施

"MUE-Train"はちょうど1年前にも撮影しているのだが、この時は6両編成での運転であった。何で6両編成なんじゃ???と疑問に思っていたのだが、この1年間の"MUE-Train"の運用実績を見ると、台車試験に供されているサヤ209-8は必要の無いときは編成から外す、ということのようである。1年前はお目にかかれなかったサヤ209-8は車体中央の窓と方向幕が潰されており、いかにも事業用といった感じの車両であった。

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更