KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.11.29

特急成田行として運転された「ミラフォレスタ号」・・・もとい、「ミラフォレスタ号」として運転された特急成田行である。

D05080.jpg
▲"ファイアーオレンジ"リバイバル電車の特急列車が実現

京成電鉄では11月28日、毎年12月に行なっているイルミネーションイベント「ミラフォレスタ」に合わせた臨時列車を運転した。「ミラフォレスタ」に関しては、過去2003年に3000形へのヘッドマークの掲出があったが、臨時列車の運転は初めてである。同列車は臨時特急「ミラフォレスタ号」としてアナウンスされていたが、イベントに関連した装飾等はなく、実態は特急成田行としての運転となっている。車両は"ファイアーオレンジ"のリバイバルカラーとなっている3312編成が使用されたが、これは同日に宗吾車両基地で開催された「100周年記念列車撮影会」の送り込みを兼ねた列車となっていた。

当日の3312編成は大忙しであった。当日の3312編成の動きは次のようである。朝は85運行として高砂を出庫、984b列車で入庫せずにそのまま上野へ送り込み(9S98)。臨時特急「ミラフォレスタ号」(10S99)として成田へ、折返し宗吾へ入庫、撮影会の展示。撮影会終了後は15S98列車として成田へ(公津の杜まで撮影会の参加者が乗車)、折返し高砂へ回送され(15S99)、定期列車の75→B63運行に充当されている。すなわち、日中の一時入庫を活用した臨時列車&撮影会への展示であり、宗吾車両基地でリバイバル電車を3編成並べるためにこのようなやりくりが行なわれた。

※「100周年記念列車撮影会」、抽選は予定通り外れたので、これ以上の画像はありませぬ^^;

最新記事

夜行快速「ムーンライトながら」の思い出

さようなら、ムーンライトながら。1月22日、JR東海は春の臨時列車の運転計画の中で臨時快速「ムーンライトながら」の運転終了を発表した。人々の行動様式の変化による列車の使命の薄れや使用車両の...

夜行快速「ムーンライトながら」の思い出
京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む

2月18日、運輸安全委員会は2019年9月5日に発生した京急線神奈川新町駅構内における踏切脱線事故についての調査報告書を公開した。私としてもこの事故がどうして起きてしまったのか気になっていた...

京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む
京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング

やるのか、やらないのか。1月下旬より、京成AE形にて「東京オリンピック・パラリンピック」のラッピング電車が走っている。ラッピングの対象となっているのはAE8編成。当該のラッピングについては、京成...

京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング
京急大師線 干支ヘッドマーク(2021年)

京急大師線、毎年恒例の干支ヘッドマーク。京急電鉄では、1月1日より毎年恒例となっている大師線の干支ヘッドマークの掲出を実施した。今年の干支は丑で、大師線を走る1500形に2種類のヘッドマークが...

京急大師線 干支ヘッドマーク(2021年)
京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2021年)

5年目に突入した臨時シティライナー「成田山開運号」。京成電鉄では、成田山への多客対応として1月の土休日ダイヤ実施日に臨時シティライナー「成田山開運号」を運転した。2017年に運転が始まった...

京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2021年)