KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2009.11.29

特急成田行として運転された「ミラフォレスタ号」・・・もとい、「ミラフォレスタ号」として運転された特急成田行である。

D05080.jpg
▲"ファイアーオレンジ"リバイバル電車の特急列車が実現

京成電鉄では11月28日、毎年12月に行なっているイルミネーションイベント「ミラフォレスタ」に合わせた臨時列車を運転した。「ミラフォレスタ」に関しては、過去2003年に3000形へのヘッドマークの掲出があったが、臨時列車の運転は初めてである。同列車は臨時特急「ミラフォレスタ号」としてアナウンスされていたが、イベントに関連した装飾等はなく、実態は特急成田行としての運転となっている。車両は"ファイアーオレンジ"のリバイバルカラーとなっている3312編成が使用されたが、これは同日に宗吾車両基地で開催された「100周年記念列車撮影会」の送り込みを兼ねた列車となっていた。

当日の3312編成は大忙しであった。当日の3312編成の動きは次のようである。朝は85運行として高砂を出庫、984b列車で入庫せずにそのまま上野へ送り込み(9S98)。臨時特急「ミラフォレスタ号」(10S99)として成田へ、折返し宗吾へ入庫、撮影会の展示。撮影会終了後は15S98列車として成田へ(公津の杜まで撮影会の参加者が乗車)、折返し高砂へ回送され(15S99)、定期列車の75→B63運行に充当されている。すなわち、日中の一時入庫を活用した臨時列車&撮影会への展示であり、宗吾車両基地でリバイバル電車を3編成並べるためにこのようなやりくりが行なわれた。

※「100周年記念列車撮影会」、抽選は予定通り外れたので、これ以上の画像はありませぬ^^;

最新記事

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する

新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的に、JR東日本を始めとした首都圏の各鉄道事業者では終電の繰り上げがひとつのトレンドになっている。このほど...

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する
京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク

祝・成田スカイアクセス線開業10周年。7月に開業10周年を迎えた成田スカイアクセス線。京成電鉄ではこれを記念したさまざまな施策が実施されているところであるが、この一環としてAE形がヘッドマークを...

京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク
京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月10日、京成電鉄より2020年度の鉄道事業設備投資計画が発表された。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度は...

京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
四直珍列車研究 111 - 平日 1111T

ある列車で起こったミラクルな話。平日1111Tレはかつて運転されていた羽田空港国内線ターミナル発印旛日本医大行である。日中時間帯に設定されている羽田空港〜北総線系統の一列車にすぎず、見た目的には...

四直珍列車研究 111 - 平日 1111T
山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要

山万ユーカリが丘線、路線バスの運行が始まる。不動産業を営む山万は、自社で開発したニュータウンの中に住民の利便のため鉄道を敷設してしまうという稀有な事業者であることが広く知られている。京成線の...

山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要