KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.03.17

久々となった静岡鉄道撮影行、もちろんゴツいスカートが目当てじゃございません。

D05780.jpg

静岡鉄道1000形 1007編成
2010.3.11/県総合運動場〜県立美術館前

▲前面のカラーフィルムが撤去された1007編成

今回の撮影行の真の目的は、前面のカラーフィルムを剥がして走っているリバイバル編成。車両は検査入場間近となっている1007編成が対象となっており、側面戸袋部の広告も剥がして、製造直後の状態を彷彿とさせる状態となっている。前回の記事でも記したように、静鉄では保安装置の更新に伴って車両にスカートの設置が進んでいるが、スカートがついた後にリバイバルをやったとしても、その再現度合いは低くなってしまう。よって、今回のオリジナルの姿は、事実上最後のオリジナル状態になると思われる。車両の見てくれが大きく変わる前にリバイバルを行うという、静岡鉄道の粋な計らいである。

D05825.jpg

静岡鉄道1000形 1007編成
2010.3.11/柚木〜長沼

▲富士山をバックに走る

Web上で情報を拾ってみると、静鉄の1000形は1985年にはカラーフィルム(現在のものとは色が異なる)が貼り付けられたということであるから、今回のステンレスだけの状態は実に25年ぶりということになる。塗装をリバイバルしたついでに、新静岡~新清水間を走っていたという急行電車もぜひリバイバルして欲しいなぁ(現在のダイヤでは無理難題)と思っていたのだが、その矢先に・・・(次回へ続く)

メモ - 2010年3月10日現在の車両状況
1001編成:「Coca-Cola zero」ラッピング
1002編成:「午後の紅茶」ラッピング◆
1003編成:ノーマル
1004編成:「Coca-Cola」ラッピング
1005編成:「しずてつカードLuLuCa」ラッピング(II)◆
1006編成:ノーマル◆
1007編成:リバイバル
1008編成:検査入場中◆
1009編成:ノーマル◆
1010編成:「しずてつカードLuLuCa」ラッピング◆
1011編成:ノーマル+青帯◆
1012編成:「静銀joyca」ラッピング◆
◆・・・保安装置更新(i-ATS化)+スカート設置

最新記事

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更
2021年 四直界隈10大ニュース

2021年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2021年四直界隈10大ニュース」と題して2021年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2021年 四直界隈10大ニュース