KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.03.24

年度末の予算消化???

P10887.jpg

京成津田沼駅 駅名標
2010.6.11/**

▲今回はこの駅名標の話題である

京成線の駅名標が現在のデザインとなったのは1991年の幕張本郷駅開業の頃だと記憶しているのだが(間違っていたらごめんなさい&ご指摘ください)、この時に全部が全部、新しい駅名標に交換されたわけではなく、ホームの端のほうに古い手書き?の自立式の駅名標はさりげなく残されており、ホームに彩りを添えていた。

そんな自立式の駅名標だが、ここ最近、突如として手が加えられている。

P10891.jpg

船橋競馬場駅 駅名標
2010.6.11/**

▲手が加えられた駅名標

やたらと小奇麗になっているのがお分かりいただけよう。フォントが現在京成のサイン類で標準的に使われている「新丸ゴ」+「Helvetica」という組合せの、少々味気ないものとなってしまった。もちろん手書きではなく、印刷したフィルムを既存の鉄板に貼り付けている。不思議なのが、このタイプの駅名標のある全駅で実施されているわけではなく、手書きのまま残っている駅もある。やるなら全部やれよってな感じだが、残りは来年度予算の余りを活用って感じか???

ちなみに、西船駅の駅名標は更新の対象となってしまっている。西船駅の駅名標と言えば「葛飾」表記が残っていたのが特徴であったが、今回の手直しで消えてしまった。

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

京成駅施設