KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.04.19

昨年5月にAE1編成が印旛車両基地に陸送された時、私はAE形を宗吾車両基地へ陸送するのは不可能ではないのかという説を示したが、その根拠がまさに今回掲載する宗吾車両基地付近の狭隘道路だったわけである。今回はその狭隘路を行くAE形を取り上げる。車両基地到着直前に存在するまさに"最後の難関"というわけである。

D05393.jpg

京成AE形 AE8-8号車
2010.2.22/酒々井町下岩橋

▲慎重に交差点を曲がるAE形陸送
D05407.jpg

京成AE形 AE8-8号車
2010.2.22/酒々井町下岩橋

▲人の歩くほどの速さ進むAE形、宗吾車両基地は目の前

宗吾車両基地へは国道51号側からアプローチするのだが、51号から車両基地に至るアプローチ道路には特大輸送泣かせの細かいカーブが点在。この道に入るや否や、これまで一般交通の流れに乗ってサクサク進んできたAE形の陸送も一気にスピードが落ち、誘導員を配置させて人の歩くほどの速さで進んでいく。

ちびっ子天国前の丁字路(画像1枚目)から車両基地まではますます狭くなり、幅員も1.5車線ほどしかない。AE形を支えるポールトレーラのステアリングを操作しながら慎重に進む。ちびっ子天国の看板を抜ける(画像2枚目)と、バックで基地内の搬入場所へと移動して、ようやくゴールの宗吾車両基地に到着である。

D05562.jpg

京成AE形AE8-1号車 京成AE形(初代)AE-61号車
2010.2.26/宗吾車両基地

▲先代のAE形と並んだ新AE形

陸送は1晩に2両ずつ実施される。一度に搬入できるのは1両だけなので、1両は直接搬入場所に据付けられるが、もう1両は車両基地の中で待機する。その際に車両基地で保存されている先代AE形の並びを見ることができた。先代に顔を見せてから、車両基地に搬入されるというわけである。

関連記事

京成AE形陸送 ~ 130kmの軌跡 6 - 搬入作業を見る

宗吾車両基地に到着したAE形だが、その日のうちに搬入作業が行なわれた。搬入作業は車体をクレーンによって吊り下げるなどの危険な作業が伴うため、夜が明けて空が明るくなってからの作業となっている...

京成AE形陸送 ~ 130kmの軌跡 6 - 搬入作業を見る
京成AE形陸送 ~ 130kmの軌跡 4 - 江戸橋一丁目の大右折

東急車輛からの陸送におけるハイライトと思われる、江戸橋一丁目交差点。泉岳寺付近より都営浅草線をトレースするように北上してきたAE形の陸送は、江戸橋一丁目交差点にて永代通りへと進路を変えるのだが...

京成AE形陸送 ~ 130kmの軌跡 4 - 江戸橋一丁目の大右折
京成AE形陸送 ~ 130kmの軌跡 3 - @港区札の辻

「左手に見えますのは、東京タワーでございま~す。」 横浜市内ではランドマークタワーを背景に撮影してみたが、都内では札の辻交差点で東京タワーとAE形のコラボを狙ってみた。とは言え、時刻は草木も...

京成AE形陸送 ~ 130kmの軌跡 3 - @港区札の辻
京成AE形陸送 ~ 130kmの軌跡 2 - 蒲田踏切を行く

箱根駅伝ではお馴染み、京急空港線の京急蒲田(空)第1踏切。駅伝ランナーもここを通るが、AE形も通る。ただ、電車はとっくに終わっており、足止めの心配がほとんど無いことが、駅伝ランナーとは違う点だ...

京成AE形陸送 ~ 130kmの軌跡 2 - 蒲田踏切を行く
京成AE形陸送 ~ 130kmの軌跡 1 - みなとみらい21にて

先月26日の記事で少し触れたが、2月21日の深夜から26日の早朝にかけてAE形AE8編成(東急車輛製)の陸送+搬入が実施された。東急製の車両は昨年12月中旬より順次宗吾車両基地に運ばれており...

京成AE形陸送 ~ 130kmの軌跡 1 - みなとみらい21にて

最新記事

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する

新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的に、JR東日本を始めとした首都圏の各鉄道事業者では終電の繰り上げがひとつのトレンドになっている。このほど...

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する
京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク

祝・成田スカイアクセス線開業10周年。7月に開業10周年を迎えた成田スカイアクセス線。京成電鉄ではこれを記念したさまざまな施策が実施されているところであるが、この一環としてAE形がヘッドマークを...

京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク
京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月10日、京成電鉄より2020年度の鉄道事業設備投資計画が発表された。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度は...

京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
四直珍列車研究 111 - 平日 1111T

ある列車で起こったミラクルな話。平日1111Tレはかつて運転されていた羽田空港国内線ターミナル発印旛日本医大行である。日中時間帯に設定されている羽田空港〜北総線系統の一列車にすぎず、見た目的には...

四直珍列車研究 111 - 平日 1111T
山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要

山万ユーカリが丘線、路線バスの運行が始まる。不動産業を営む山万は、自社で開発したニュータウンの中に住民の利便のため鉄道を敷設してしまうという稀有な事業者であることが広く知られている。京成線の...

山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要