KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.05.31

長沼車庫で開催されたリバイバル1007編成の撮影会だが、合わせて同車庫に保存されているデワ1も展示された。

5月に開催される「静岡ホビーショー」に合わせての車庫公開や、8月の「静鉄電車まつり」にて展示されることの多いデワ1、いつかはこの目で拝見したいと思っていたのだが、スケジュールが合わずなかなか実現できずにいた。今回の撮影会はその名も「1007号撮影会」だったから、デワの出番は無いだろうと思っていただけに嬉しいサプライズ。しかも、今回はしっかりとパンタグラフを上昇させた状態での展示である。

D06138.jpg

静岡鉄道デワ1形 デワ1
2010.3.20/長沼車庫

▲長沼車庫で静態保存されているデワ1形デワ1
D06127.jpg

静岡鉄道1000系 1007編成・デワ1形 デワ1
2010.3.20/長沼車庫

▲リバイバルの1007編成とともに展示

このデワ1だが、かつては貨物輸送に使用されており、当時静鉄に在籍していた無蓋貨車を連ねて静岡名産のお茶などを清水港に運んでいたそうである。トップナンバーである"1"が付番されているが、これは後年に改番されたものであり、当時はデ10を名乗っていた。このデ10形は3両在籍(デ10〜デ12)していたとのことで、当時はデワ1と同じようなのが3両いたわけである。貨物輸送廃止後は、主に工事用に使用されていたというから、デ10→デワ1に改番したのは用途が変更されたこの頃だろう。

このデワ1、今でも自走可能らしいが、庫への出し入れは職員さんの手押しによって行なわれた。手押しによる鉄道車両の移動はAE形で見たばかり。

D06181.jpg

静岡鉄道デワ1形 デワ1
2010.3.20/長沼車庫

▲「せ〜の!」の掛け声とともに庫内に運ばれるデワ1

前述のとおり、デワ1は事あるごとに展示されことの多い車両だが、過去には「工事」看板の掲出や無蓋貨車ト1・2を繋げた状態での展示もあったようなので、折を見て車庫公開に再び訪れてみたい。いずれにせよ、今回は収穫多き撮影会であった。

最新記事

京成3600形3688編成 リバイバルカラーの1年

京成3600形3688編成がリバイバルカラーとなってからまもなく1年が経とうとしている。リバイバルカラーの1周年を記念して、3688編成のこの1年の動きを振り返ってみよう。3688編成が...

京成3600形3688編成 リバイバルカラーの1年
京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」

さようなら、「ドレミファインバーター」。7月20日、京急1000形1033編成が更新工事前の運行を終了した。同編成は2100形より採用されたドイツ・シーメンス製のGTO-VVVFインバーターを...

京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」
京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ

京成トラベルサービスが主催する鉄道ファン向けのツアーをまとめてみた。京成電鉄と京成トラベルサービスでは、京成トラベルサービス主催・京成電鉄後援という格好で鉄道ファン向けのツアーを開催している...

京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ
京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク

赤ちゃんパンダ、お誕生おめでとう。京成電鉄では、6月末より「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク電車を運行している。これは、6月23日に上野動物園のジャイアントパンダであるリーリーとシンシン...

京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク
四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K

2ヶ月間だけ走った浅草橋行。京成車編。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府より1月8日に発出された2回目の緊急事態宣言では、夜間の外出抑制のため各線で終電の繰上げが実施されることになった...

四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K