KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.06.10

2010年5月のダイヤ改正で京急から「急行」が消え、そして今度の7月のダイヤ改正で京成からも「急行」が消える。そんな「急行」に惜別の情をもって、しばらく「急行」の珍列車を取り上げてみたいと思う。

D06514.jpg
▲土休日に1本だけ設定されていた都営車の押上線下り急行

[土休日]1621Tb 急行高 砂
始発:西馬込1645 → 終着:高 砂1736
ダイヤ:2006.12.10改正
備考:ー

押上線の下り急行は、急行が京成本線から消えた2002年10月のダイヤ改正以来、平日の夕方夜間に北総線に直通する列車を除くと、京急線のSH快特から繋がる列車のうち2本に1本が京成線内急行運転とされ、40分毎での運転となっているのは周知の事実である。今回取り上げる1621Tbはこの系統の変わり種で、1653H(急行青砥行)の40分後に設定されていた西馬込始発の急行である。西馬込始発ということもあって都営車の運用で、京成線内で見られる都営車唯一の急行高砂行となっていた。

列車自体は、2004年10月のダイヤ改正で登場した1623Tb(急行青砥行)を高砂まで延長したものとなっており、それ以前は普通として運転されていた。つまり、2004年10月のダイヤ改正で急行に格上げされている。その要因だが、前を走る1565H(普通高砂行、現1581H)が同改正にて押上で(飛)快特を待避するようになり、押上線内の走行時刻が約5分繰り下がったためと推察され、その5分後を走る1623Tb(→1621Tb)を速達列車にしてもよかろうという判断があったのではないかと思われる。しかしながら、高砂行となった2006年10月の時点で1621Tbは青砥にて約3分停車しており、上野からやってくる快特に4分で接続することも加えると、急行運転をする意味はほとんどなかったのではないかと思う。

この1621Tbだが、先刻5月のダイヤ改正にて京成車の運用に振替えられる形で一足先に消滅している。

関連記事

四直珍列車研究 36 - 平日 827H・1585H

惜別・急行スペシャル、その2は平日に2本だけ走る珍列車。京急線からの押上行は特急と快特がそれなりの本数運転されていることもあって、珍しいという印象はないと思うのだが...

四直珍列車研究 36 - 平日 827H・1585H
四直珍列車研究 34 - 平日 1530H

5月16日実施の改正ダイヤだが、7月の成田スカイアクセス開業までの繋ぎのものなのか、珍列車がとても多いダイヤというのが個人的な印象である。今回の記事で取り上げる1530Hもその1本で...

四直珍列車研究 34 - 平日 1530H
四直珍列車研究 33 - 土休日 769K

言うなれば、孤高の存在。前回のダイヤ改正においても消滅してしまった珍列車を扱ったので、今回も改正直前なので、今度のダイヤ改正で消滅してしまう列車を取り上げてみる。土休日759Kは...

四直珍列車研究 33 - 土休日 769K
四直珍列車研究 32 - 平日 872K

1本だけ行先の異なる朝の通勤特急。2002年10月のダイヤ改正で朝ラッシュ時の運行体系が大幅に変更され、それまで「特急」と「急行」だったのが、「特急」とこのとき新設された「通勤特急」となった...

四直珍列車研究 32 - 平日 872K
四直珍列車研究 31 - 平日 841T

京急線内で完結する都営車の特急列車。以前の記事で金沢文庫出庫の特急新逗子行を取り上げたが、今回の記事で扱う841Tはその折返しとなる列車である。そもそも、都営車の特急自体の本数が少ないため...

四直珍列車研究 31 - 平日 841T

東京都交通局珍列車