KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.07.27

長い間、お疲れさん。

D07679.jpg

新京成800形 806編成
2010.7.24/薬園台〜前原

▲さよなら運転を行なう新京成800形
D07689.jpg

新京成800形 806編成
2010.7.24/薬園台〜前原

▲ヘッドマークは前後で別のデザインのものを掲出

7月のダイヤ改正で余剰になり引退する運びとなった新京成800形だが、7月24日および25日にさよなら運転を行った。さよなら運転は各日午前と午後にそれぞれ八柱〜新津田沼間を1往復ずつの計4往復が運転され、午前と午後の間にはさよなら運転の乗車者を対象に撮影会も行なっている。800形で最後まで残ったのは806編成と810編成だが、さよなら運転は全て806編成での運転となった。さよなら運転では大型のヘッドマークを掲出、最後の花道を演出。なお、このヘッドマーク掲出のために、前面にヘッドマークステイの取り付けを行なっている。

◆ ◆ ◆

新京成800形と言えば私が中学生だったある日のことが思い出される。中学生だった当時、私は鉄道趣味から大分遠ざかっていたこともあって、新京成は8000形と8800形、最新鋭(という認識)の8900形だけという認識だったのだが、ある日新京成に乗る用事があって、その時に来たのがこの800形だったのである。ドアの窓が小さい片扉で、中間車となった乗務員室がその痕跡を残している・・・新京成にこんなボロ(褒め言葉)がいたのかと。その衝撃たるや今でも忘れられない。

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更