KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.07.08

惜別・急行スペシャル、その5は北総車の急行である。2010年5月ダイヤ改正で登場した、北総車の珍運用である。

D07354.jpg
▲2006年10月ダイヤ改正での消滅以来となる北総車の急行西馬込行
D07390.jpg
▲京成線内では初登場となる急行青砥行

[土休日]1026N 急行西馬込
始発:青 砥1036 → 終着:西馬込1119
ダイヤ:2010.05.16改正
備考:押上から普通

[土休日]1127N 急行青 砥
始発:西馬込1125 → 終着:青 砥1208
ダイヤ:2010.05.16改正
備考:ー

2010年5月のダイヤ改正で登場した土休日27Nが珍運用となっている。基本的には以前取り上げた2002年10月改正ダイヤの土休日33Nや2007年12月修正ダイヤの土休日31Nと同じく、北総車が日中に押上線〜浅草線の系統に入る運用なのだが、今回のダイヤでは1026Nから1626Nまでの3.5往復が急行運転となっていることが大きな特徴となっている。2時間で運用が1順する青砥〜西馬込系統内で、40分毎に運転される急行運転にカチッとハマった感じだ。

日中における青砥・高砂発着の押上線急行の変遷を簡単にたどってみると、1998年11月のダイヤ改正で設定されており、この時は上り・下りともに横浜・横須賀方面の京急線SH快特に繋がる系統としての登場であった。その後、2002年10月のダイヤ改正における運転系統の変更で上りの急行だけが西馬込発着の系統に変更となり、上りと下りで急行運転を行なう系統が異なるという変則的な運行が続いていた。2010年5月のダイヤ改正で下りの急行も西馬込系統となっているが、これは同改正で京急線上りのA快特とSH快特のスジが逆転した影響で、本来はSH快特から繋がっていたスジがA快特となって泉岳寺で途切れ、代わりに西馬込からやってくるスジに繋がったことによるものである。

結果的に、17日までの短命ではあるが、北総車の急行青砥行が登場している。北総車の急行青砥行は京急線内で設定されていたこともあったが、京成線内をこの表示で走るのは初めてのことになる。2ヶ月間の暫定ダイヤは思わぬ珍列車を誕生させている。

関連記事

四直珍列車研究 40 - 土休日 671K

惜別・急行スペシャル、その6。ダイヤ改正も間近に迫ってきているので、惜別・急行スペシャルはこの列車をもって一旦〆にしようと思うのだが、トリを飾るのは京成車の珍急行...

四直珍列車研究 40 - 土休日 671K
四直珍列車研究 38 - 平日 601H・土休日 501H

惜別・急行スペシャル、その4は京急2100形の急行列車である。以前、京急2100形の珍列車である401Aを取り上げたが、今回は401Aから運用の繋がる平日601H・土休日501Hを見てみよう...

四直珍列車研究 38 - 平日 601H・土休日 501H
四直珍列車研究 37 - 平日 2050T

惜別・急行スペシャル、その3。京急線の5月ダイヤ改正で、「エアポート急行」が新設されたのは既報のとおりである。京急蒲田以南に急行が復活した形ではあるが、停車駅は以前のものとは違うし...

四直珍列車研究 37 - 平日 2050T
四直珍列車研究 36 - 平日 827H・1585H

惜別・急行スペシャル、その2は平日に2本だけ走る珍列車。京急線からの押上行は特急と快特がそれなりの本数運転されていることもあって、珍しいという印象はないと思うのだが...

四直珍列車研究 36 - 平日 827H・1585H
四直珍列車研究 35 - 土休日 1621Tb

2010年5月のダイヤ改正で京急から「急行」が消え、そして今度の7月のダイヤ改正で京成からも「急行」が消える。そんな「急行」に惜別の情をもって、しばらく「急行」の珍列車を取り上げてみたいと思う...

四直珍列車研究 35 - 土休日 1621Tb

北総鉄道珍列車