KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.08.01

先月末にさよなら運転を行なった新京成800形、今回は現役時代の回顧篇。現役時代の写真をいくつか並べてみる。

N00249.jpg
▲朝の運用を終えてくぬぎ山に入庫する800形

新京成800形と言えば、晩年はラッシュ時専用の車両という理解が少なからずあったが、実際には日中も走る運用にも(頻度は少ないものの)充当されていた。新津田沼で夜間滞泊する運用なんかは2日間連続で日中の運用に入るもので、運用の予測もしやすいことから、都合がつけば800形の勇姿を狙いに行ったものだった。逆に言えば、私は朝が苦手だから朝の運用より日中の運用のほうが多く撮っていたりする^^;

N05855.jpg
▲日中の運用に入る800形
N04160.jpg
▲時には2本同時に日中の運用に入ることも

なお、今回の800形の引退は代替となる車両がない状態での引退ということで、7月17日に実施されたダイヤ改正における車両運用数の削減によるものと思われる。この改正では本線に駆りだされる車両が最も多い朝ラッシュ時間帯の運転間隔を4分から4分30秒に拡げており、これが直接の原因と推察される。

新京成電鉄6月2日付のプレスリリースでは800形の引退とN800形1編成の今年度中の新造が同時に発表されたが、N800形が800形の代替であるならば800形はN800形新造車の運用開始後に引退するはずであり、私の推測ではこのN800形が代替となって今年度中にもう1本廃車となる編成が発生する(8504編成が最有力)はずである。さらに長期的な車両動向を推測すれば、次に8502編成の検査切れとなるタイミング(2013年ぐらい)でN800形を1本導入して8502編成を置換え、新京成に在籍する全車両のVVVFを達成。その後はしばらく新造車の増備はなく、8800形の足回り更新で対応していくのでは、と読んでいる。

いずれにせよ、800形は新製車両に押し出されての引退ではなく、車両運用の所要本数減少というネガティヴな理由での引退は何となく残念である。

最新記事

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始

半世紀ぶりの大変革。4月17日、京成線と北総線において始発列車よりデジタルSR列車無線(SR無線)の使用が開始された。SR無線を使用する区間は、京成線全線(北総線と重複する区間を除く)と北総線...

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始
まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)

新京成電鉄引退