KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.10.09

10月9日、京葉車両センターにて「京葉車両センターフェア」が開催されたので、行ってみた。定期的に施設公開をしている車両基地ではないが、今年は京葉線が全通20周年ということで、このキャンペーンの一環での公開となったようだ。

車両センター内では、各種機器の展示やドアの開閉体験など、この手のイベントでは定番であろうものが催されていたが、個人的な目的はやはり京葉線を走る車両の並びの撮影である。ヘッドマークを掲出した5形式5編成が展示された。

D08389.jpg

JR東日本E233系 千ケヨ501編成ほか
2010.10.9/京葉車両センター

▲京葉線を走る通勤車両全形式がヘッドマークをつけて勢揃い

行先はすべて「京葉線」、無難でよろしい。ただし、205系の尾灯が点けっぱなしだったのは減点である。不思議だったのが一番手前のE233系なのだが、「京葉線」と「(無表示)」の交互表示であった。これは「京葉線」のみの単独表示が設定できないため?

D08362.jpg

JR東日本209系 千ケヨ34編成ほか
2010.10.9/京葉車両センター

▲「全通20年記念」HMをつけたE233系・209系・205系

ヘッドマークなしの並びも見てみたかったが、20周年記念での開催という都合上、ヘッドマーク編成を並べない訳にはいかなかったのだろう。

D08381.jpg

JR東日本E331系 千ケヨAK1編成ほか
2010.10.9/京葉車両センター

▲E331系は「Only Holiday」と書かれたヘッドマークを掲出^^;

201系のヘッドマークは初めて見た。「蘇我-新木場」と書いてあるから、1988年の新木場~南船橋間開業時かなんかの時に103系に掲出したものだろうか。E331系は「Only Holiday」って・・・もっと働かんかいッ!

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

JR東日本撮影会