KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.10.12

2010年5月7日に営業運転を開始した東京メトロ東西線の新型車両15000系。しばらくはラッシュ時のみの限定的な運用のみに充当されていたようだが、9月下旬よりJR線直通の運用にも入り、本格的な始動となっている。そんな15000系にJR線内でたまたま乗ることができたので、まだネット上にもあまり出ていないであろうJR線内を走る15000系の走行音をアップしてみる。(空調が作動しているが気にしない^^;)

東京メトロ15000系15801 中野→高円寺

VVVFは三菱電機製のIGBT-VVVFのようで、足回りについては10000系のものをベースにしたもののような様子。自動放送はJR線内にも対応しており、その内容もJR東日本の車内放送に準じたものとなっている。ところで、英語で行先を言うときに「going to」を使うのは、車内放送では初めて聞いた。

東京メトロ15000系15801 阿佐ヶ谷→荻窪

ドアチャイムは10000系と同じく、JRで使用されている2音×3のタイプが採用された。阿佐ヶ谷発車時、戸閉前にもドアチャイムが1回鳴動しているが(1つ上のファイルの中野発車時は鳴動していない)、これはドアチャイムを任意のタイミングで鳴らすことができるということなのかしら?

最新記事

北総7300形 臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2024年)

今年も春がやってきた。4月21日、北総鉄道が主催する「ほくそう春まつり」の開催に合わせて臨時特急「ほくそう春まつり号」が運転された。昨年、八千代台始発として5年ぶりに運転された当列車だが、今年は...

北総7300形 臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2024年)
千葉シーサイドバス路線図 2024年4月1日版

当Webサイトでは、2023年3月の「千葉シーサイドバス路線図 2023年3月1日版」と題する記事にて千葉シーサイドバスの路線図を公開していたところであるが、約1年ぶりに改訂版を発行する。千葉...

千葉シーサイドバス路線図 2024年4月1日版
京成グループ 車両の動き(2023年度)

京成グループにおける2023年度の車両の動きをまとめてみよう。まずは京成。ここ数年は列車無線のデジタル化に伴う予備車の存在や2度にわたる脱線事故の影響などでイレギュラーな車両の動きが続いていたが...

京成グループ 車両の動き(2023年度)
北総7500形 「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマーク

北総線開業45周年記念。北総鉄道では、3月上旬より7500形おいて「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマークの掲出を行っている。表題のとおり北総1期線(新鎌ヶ谷〜小室)の開業45周年を記念した...

北総7500形 「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマーク
タイ国鉄 フアランポーン駅の現在

クルンテープ・アピワット中央駅に続いて、かつての中央駅、フワランポーン駅も訪ねてみた。2023年1月にバンコクの中央駅の地位をクルンテープ・アピワット中央駅に譲ったフアランポーン駅。中央駅の移転...

タイ国鉄 フアランポーン駅の現在