KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.10.23

京葉車両センターは機関車が配置されている車両基地ではないが、客寄せパンダとしてEF81とEF65も合わせて展示された。

D08334.jpg

JR東日本 田端運転所 EF81 81号機
2010.10.9/京葉車両センター

▲「ゆうづる」ヘッドマークを掲出したEF81 81

EF81は人気のお召し牽引機、81号機が展示された。ヘッドマークは2エンド側に「ゆうづる」、1エンド側に「北斗星」が掲出されている。

D08347.jpg

JR東日本 田端運転所 EF65 1118号機
2010.10.9/京葉車両センター

▲「あけぼの」ヘッドマークを掲出したEF65 1118
D08340.jpg

JR東日本 田端運転所 EF65 1118号機
2010.10.9/京葉車両センター

▲2エンド側は「はくつる」ヘッドマーク

こちらも人気のEF65 1118号機、"スーパーエクスプレスレインボー"塗装のいわゆる"虹釜"と呼ばれる車両である。2エンド側に「はくつる」、1エンド側に「あけぼの」のヘッドマークをそれぞれ掲出している。

◆ ◆ ◆

- おまけ -

D08395.jpg

JR東日本113系 千マリ236編成・千マリ117編成
2010.10.9/京葉車両センター

▲休憩用の車両として113系の湘南色とスカ色を使用、ともに「白い砂」のヘッドマークを掲出

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了