KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.10.28

ウィーンでは観光に路面電車、地下鉄、バスをガッツリと使ったので、それぞれ気がついたことを書いてみよう。

路面電車

オーストリアの首都であるウィーンも、ブダペストと同様に市中を路面電車が縦横無尽に走りまわる都市である。2010年現在の系統数は29で、世界で最も大きな路面電車の路線網を持つ都市の1つとなっているようだ。市民の足として定着しているだけでなく、ウィーン市内を観光するのにも便利で、街並みを眺めながらの移動はそれだけで旅行者を優雅な気分にさせてくれる。

D07952.jpg

ウィーン交通局 Type E
2010.9.16/Dr-Kerl-Renner-Ring

▲ウィーン市電の主力車両であるType E
D07982.jpg

ウィーン交通局 Type A
2010.9.16/Julius-Raab-Platz

▲1995年から導入されている超低床車両Type A

車両は大きく分けて2種類のものが走っているようで、見るからに昔から走っているであろうと思われる丸みを帯びた赤と白の車両と、バリアフリー対応の低床車両である。前者はType Eと呼ばれる車両で、これは1966年から90年にかけて製造された車両のようだ(というわけで実は意外と新しいのもいる)。上の写真のように、動力を持つ連接車に動力を持たない単車がぶら下がるような、いわゆる親子電車状態で走っていることが多い。行先表示がLEDに改修されている車両もあって、これには思わず日本の土佐電鉄を連想してしまう。後者は1995年に導入された車両で、Type A(5モジュール)あるいはType B(7モジュール)と呼ばれる超低床車である。Ultra Low Floorの頭文字をとってULFと通称されることもあるようで、地面と車両の床面までの差はわずか18cm、これは世界一の低床だそう。車両の製造はSiemensで、デザインは自動車で有名なポルシェ社が担当している。

そして、車両に関して特徴的なのが、運転台が片方の先頭部にしかないことである。上の2枚の写真を見て、ドアがないことにお気づきだろうか。車両の進行方向が常に同じなので、ドアがバスのように片側にしかないのである(本当はドアのある側を撮影すればよかったのだが)。そのため、系統の終端部では必ずループ状に線路が敷設してあり、終点に到着した車両はループ線を走って、いわゆるエンド交換せずにそのまま反対方向に折返すようになっている。そのため複数系統のターミナルとなる箇所は配線が複雑になりがちで、特に6つの系統が集まるウィーン西駅電停周辺の配線はもはやカオスの様相を呈していた。

D07947.jpg

ウィーン交通局 ウィーン西駅電停周辺の様子
2010.9.16/**

▲複雑怪奇な配線となっているウィーン西駅電停周辺

観光客が最もお世話になるのは、ウィーンの都市史を語る上では外せない、かつ観光名所が点在しているRing(リング)と呼ばれる環状通りに乗入れる1、2、D系統であろう。かつてはこのRingのみを走る系統もあったようだが、現在は走っていない。その代わり、Ringのみを走るものとしてVienna Ring-Tram(ウィーン・リングトラム)という観光専用の黄色い車両が走っているが、このVienna Ring-Tramは通常の路面電車とは料金体系が異なるので注意が必要である。この他、ウィーンとウィーン郊外のバーデン地方を結ぶバーデン線と呼ばれる私鉄が、市電の1、62系統を走る路線に乗入れてRingのすぐそばまで走ってきている。

D07977.jpg

ウィーン交通局 Type E車内
2010.9.16/**

▲Type Eの車内の様子
バス

基本的には地下鉄と路面電車だけで事足りたので、バスに乗る機会は少なかったのだが、Ringの内側には路面電車が走っていないので、風景を楽しみながら移動するとなるとここはバスという選択になる。交通当局もこのことをよく判っているようで、Ring内側の観光名所を中心に回る明らかに観光客向けと思われる3つの系統(1A、2A、3A系統)を設定している。この3つの系統のうち、実際に乗ってみて、ぜひともオススメしたいのは1A系統である。1A系統のみ通常の大型車両が使用されており(2A、3A系統は小型車両)、ドイツMAN製のノンステップ車が狭隘な石畳の旧市街を右に左に走るこの系統は乗り応えも十分だ。

P11257.jpg

ウィーン交通局 8437号車
2010.9.17/Schottentor

▲1A系統に使用されるドイツMAN製のバス

◆ ◆ ◆

長くなってしまったので、地下鉄については別の機会にて。

関連記事

中央ヨーロッパ交通見聞録 6 - チェコ地方都市の路線バス

České Budějovice(チェスケー・ブジェヨヴィツェ)からチェコのある田舎町まで、今度はバスで移動する。バスに乗るまでの少しの時間に、バスターミナルにやってくるバスを観察してみた...

中央ヨーロッパ交通見聞録 6 - チェコ地方都市の路線バス
中央ヨーロッパ交通見聞録 5 - 中距離普通列車に乗る

次なる目的地に移動するため、まずはチェコ南部の都市チェスケー・ブジェヨヴィツェ(České Budějovice)に向かう。ウィーンとチェスケー・ブジェヨヴィツェを直通する列車はないので...

中央ヨーロッパ交通見聞録 5 - 中距離普通列車に乗る
中央ヨーロッパ交通見聞録 4 - ウィーン地下鉄

前回に続き、ウィーンの公共交通について見てみよう。今回は地下鉄を取り上げる。ウィーンの地下鉄はドイツ語圏のためメトロでもなくサブウェイでもなくU-Bahn(ウー・バーン)と呼ばれる。2010年...

中央ヨーロッパ交通見聞録 4 - ウィーン地下鉄
中央ヨーロッパ交通見聞録 2 - オーストリア連邦鉄道 特急「Railjet」

ブダペストを後にした私は、国際特急列車でオーストリアの首都ウィーンに向かったのであった。ヨーロッパ主要都市間の移動は鉄道が便利だ。「TGV」や「ICE」をはじめとした高速鉄道が多く整備されている...

中央ヨーロッパ交通見聞録 2 - オーストリア連邦鉄道 特急「Railjet」
中央ヨーロッパ交通見聞録 1 - ブダペスト市電

当Webサイト始まって以来、初の海外篇。今月の中旬に所用と旅行を兼ねて中央ヨーロッパを訪れたので、現地で体験した中央ヨーロッパの交通事情を簡単にご紹介しよう。まず最初はハンガリーの首都ブダペスト...

中央ヨーロッパ交通見聞録 1 - ブダペスト市電

最新記事

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更
2021年 四直界隈10大ニュース

2021年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2021年四直界隈10大ニュース」と題して2021年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2021年 四直界隈10大ニュース

海外の鉄道海外 路面電車