KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.12.28

少し過去ネタを含むが、都営車の京急線内列車2題。

N00389.jpg

都営5300形 5307編成
2006.2.23/黄金町

▲神奈川新町から回送で下る1412T
F00530.jpg

都営5300形 5307編成
2004.8.13/仲木戸

▲神奈川新町始発の特急三崎口行1640T
  • [平日]1412T 回送
  • 始発:神奈川新町---- → 終着:三崎口1608
  • ダイヤ:2004.10.30改正
  • 備考:京急久里浜から特急
  • [平日]1640T 特急三崎口
  • 始発:神奈川新町1659 → 終着:三崎口1753
  • ダイヤ:2002.10.12改正
  • 備考:ー

平日の午後に新町検車区を出庫していた2本の都営車である。この頃、新町検車区で昼寝をする都営車の運用が2本(13Tと41T)設定されており、検車区の海側留置線で仲良く2本並んでいる都営車の姿が印象に残っているという方も多いかと思われる。41Tは品川から、もう1本の13Tは京急川崎からともに回送で入庫していた。

この2本、午後になると夕〜夜間のラッシュ要員として働くため検車区を追い出されるわけだが、2本とも三崎口に向かって出庫していた。13Tが回送で、追って41Tが特急で下った。13Tは白昼堂々と回送で京急線を下り、京急久里浜から特急となって三崎口まで客扱いを行なっていたが、列番は始発の神奈川新町から終着の三崎口まで1412Tであり、1本の列車として扱われていた。種別は違えど、都営車による2本の神奈川新町発三崎口行が設定されていたことになる。なお、三崎口到着後の折返しは13Tが1612T特急成田空港行、41Tが1741T特急印西牧の原行で、京急線の最南端から京成・北総それぞれの方面へのロングラン列車となっていた。

都営車の新町昼寝2本体制は長らく続いたが、2006年12月のダイヤ改正で1本が久里浜車両管理区での日中留置となったため、1412Tの回送区間が消滅となっている(京急久里浜〜三崎口間の特急は1530Tが10分早いスジで残存)。一方の1640Tのスジは2〜3分のズレがあるものの2011年現在でも残っており、2010年7月のダイヤ修正時点で1644Tとして走っている。

関連記事

四直珍列車研究 46 - 土休日 1965K

ソウゴサンドウってどこですか・・・。土休日の夜に1本だけ設定されていた快特宗吾参道行である。元々1973K快特芝山千代田行として運転していたものを2005年10月のダイヤ修正で宗吾参道行に変更...

四直珍列車研究 46 - 土休日 1965K
四直珍列車研究 44 - 平日 717H

遅刻の常習犯。成田スカイアクセス線が開業した現在も走行線区は違えど高砂以東に直通してくる平日17Hだが、2007年12月に実施されたダイヤ修正で特急佐倉行という列車がお目見えした...

四直珍列車研究 44 - 平日 717H
四直珍列車研究 43 - 平日 543T

新町出庫のT運用である平日543Tは以前にも取り上げたが、2010年5月のダイヤ改正で動きがあったので、再び取り上げてみる...

四直珍列車研究 43 - 平日 543T
四直珍列車研究 42 - 土休日 944C

4両編成のC特急。京急では、2002年10月のダイヤ改正より羽田空港〜横浜・横須賀方面を直通する4連の通称"D特急"を運転していたが、今回はこの系統の珍列車を取り上げてみる...

四直珍列車研究 42 - 土休日 944C
四直珍列車研究 41 - 平日・土休日 21AE10

AE100形のスカイライナーも今日が最後。とは言っても、スカイライナーの写真を単に載っけただけでは芸がないので、当サイトでは改正前に恒例となっている消える珍列車として扱ってみよう。20数年間...

四直珍列車研究 41 - 平日・土休日 21AE10

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

東京都交通局回送列車 珍列車