KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.12.05

2年に1度、馬込車両研修所で開催される「都営フェスタ in浅草線」だが、今年は都営浅草線の開業から50周年ということで、その開業日である12月4日に合わせての開催、名称も「都営地下鉄開業50周年記念フェスタ in浅草線」として開催されている。

D09219.jpg

京成3300形 3324編成
2010.12.4/西馬込

▲西馬込まで入線した3324編成"赤電"

今回の都営フェスタは、浅草線が開業時した時の塗装ということだろうか、京成から"赤電"リバイバル塗装となっている3300形3324編成がゲスト出演、都営浅草線の西馬込まで入線した。写真はその返却回送の様子である。

◆ ◆ ◆

都営地下鉄が開業して50周年ということは、京成線と相互直通運転を行なってから50周年ということでもある。10年前の40周年の時を振り返ってみると、京成と都営がタッグを組み、当時全編成が4両で走っていた3200形8M車をわざわざ4+4の8両編成(しかも、3208+3204のトップナンバーを含む番号順に組成)に仕立てて充当させた「相互乗り入れ40周年記念列車」なるイベント列車(西馬込→宗吾参道)を走らせた。この時は境界となる押上駅では記念式典も執り行なわれ、華々しく相互直通運転の40周年を祝っているが、今回の50周年は全くもって音沙汰がない。

今回のイベントもイベント名称からも読み取れるように都営地下鉄の開業50周年ということを主題にしており、相互直通運転開始50周年という点はほとんど触れられていなかった。今や当たり前となっている地下鉄と郊外私鉄の相互直通運転、そのパイオニアと言われ、走り続けてきた京成線と都営浅草線だが、相互直通運転という観点からするといささか寂しい節目となってしまったように思われる。

関連記事

京成3300形3324編成"赤電" 北総線を快走

北総線を走る京成車の臨時回送、ようやく撮影することができた。2月5日、3300形3324編成"赤電"リバイバル車が印旛車両基地から宗吾車両基地まで回送された。"赤電"が印旛車両基地に足を運んだ...

京成3300形3324編成
京成3300形3312編成 "ファイアーオレンジ"リバイバルカラー

懐かしい・・・ 京成では創立100周年の一環としてリバイバルカラー電車の運行を実施しているが、このほど第3弾となる新赤電こと「ファイアーオレンジ」塗装車が重要部検査を終えて試運転を行なった...

京成3300形3312編成
京成3300形3324編成 "赤電"リバイバルカラー

"青電"に続き、"赤電"も登場! 「京成電鉄創立100周年記念列車」の第2弾の赤電塗装が復活、25日の61運行より運用入りと相成った。今回リバイバルカラーとなったのは3324編成で...

京成3300形3324編成
京成3300形"青電"「創立100周年記念列車」運転

祝・創立100周年! 100年後の創立記念日が私の休日と重なるように創業していただければありがたかったのだが、なんとか時間をやりくりして撮影することができた。"青電色"となった3356編成を...

京成3300形
京成3300形3356編成 "青電"リバイバルカラー

渋い、渋すぎる・・・ 3356編成が緑の濃淡の、いわゆる「青電色」となって宗吾工場を出場した。ネット上で宗吾基地パパラッチの様子がいくつか挙がっていたが、いよいよ現車が本線上に現れた。公式的な...

京成3300形3356編成

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化