KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.12.13

11月4日に営業運転を開始した東京メトロ千代田線用の新型車両、16000系の走行音をば。

東京メトロ16000系16205 北小金→南柏

VVVFは東芝製の2レベルIGBT素子(1C1M×4群)だが、01系01-238号車での長期試験や02系の更新で採用された実績のある永久磁石同期電動機(PMSM=Permanent Magnet Synchronous Motor)が採用されており、かなり独特な走行音となっている。この主電動機は静粛性に優れた全密閉構造でもあり、実に静か。同じ千代田線・常磐緩行線を走る203系などと乗り比べると、電車がいかに進歩しているか実感できよう。

東京メトロ16000系16205 南柏→柏

今回はJR線内の走行音をアップしたが、JR線内では自動放送を使用していない。同線内で自動放送を行なう209系1000番代やE233系2000番代がいながら、また東西線用の15000系はJR線内でも自動放送を行なっていながら、最新鋭の16000系がJR線内の自動放送を使用していない(対応していない?)のは意外であった。

最新記事

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K
東京BRT プレ運行開始 2 - 東京BRTの車両たち

2020年10月1日に運行開始した東京BRT。前回の記事では東京BRTの概要や将来の計画などを紹介したが、今回東京BRTの車両たちを見てみよう。東京BRTでは、運行開始より9台の車両を使用して...

東京BRT プレ運行開始 2 - 東京BRTの車両たち

東京メトロ新型車両 走行音