KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2010.12.01

次なる目的地に移動するため、まずはチェコ南部の都市チェスケー・ブジェヨヴィツェ(České Budějovice)に向かう。ウィーンとチェスケー・ブジェヨヴィツェを直通する列車はないので、オーストリア・チェコ国境の駅チェスケー・ヴェレニツェ(České Velenice)で普通列車を乗り継ぐことにする。

チェスケー・ヴェレニツェ行の列車は、リングのやや北にあるフランツ・ヨーゼフという駅から出ている。駅名となっているフランツ・ヨーゼフとは調べてみれば、オーストリア=ハンガリー帝国のオーストリア皇帝でありハンガリー国王であった人物の名前だそう。こんだけ大層な駅名なのだから、どれだけ立派な駅舎が待っているのだろうとワクワクして行ってみたら、ホームが地下に隠れているような何とも地味なターミナルであった。ちょっとがっかり。

P11237.jpg
▲オーストリア鉄道1116型電気機関車"Taurus"

列車の発車時刻に合わせてホームに行くと、目の前に止まっていたのはRailjetでも世話になった1116型"Taurus(タウルス)"を先頭にした客車列車であった。都市内で完結する近郊列車は日本で多く走っているようないわゆる動力分散式の電車の場合が多いが、都市間を結ぶ普通列車ではこのような客車列車が中心だ。これに乗ってチェスケー・ヴェレニツェまで向かう。気分は完全に世界の車窓から、否が応でも頭の中を溝口肇によるテーマ曲が流れる。オーストリアの公共交通は全体的に質がよく、CityShuttleと名付けられた中距離普通列車も車内は清潔。なおかつ保線もしっかりしており、チェスケー・ヴェレニツェまでの2時間半はとても快適な列車の旅であった。

列車は終点のチェスケー・ヴェレニツェの1つ前の駅、グミュント(Gmünd)で5分ほど停車する。グミュントはオーストリア・チェコ国境のオーストリア側の街で、この駅を過ぎればチェコに入国というわけだ。グミュントとチェスケー・ヴェレニツェの駅間は1kmにも満たない距離で、まさに国境を越えるためだけに1駅走るといった感じである。現在はウィーンからの列車がチェスケー・ヴェレニツェまで直通しているが、以前はそれがグミュントまで、グミュントでグミュントとチェスケー・ヴェレニツェだけを走る列車にわざわざ乗換えていたらしい。

グミュントを出発した列車はゆっくりとチェスケー・ヴェレニツェに向かう。国境越えのはずだが、どこが国境だかよくわからなかった。気づけばチェコのチェスケー・ヴェレニツェの街に入っていた。陸地は続いているにもかかわらず、目では見えない境界を越えてしまうと言語も文化も通貨も異なる領域に入るという感覚は、日本国内を旅行しているだけでは決して味わうことのできない、何とも不思議な感じであった。ちなみに、オーストリア、チェコともにシェンゲン協定への加盟国(両国だけでなくユーロ圏のほとんどが加盟国)であり、両国間を移動する場合は煩わしいイミグレーション等の検査をすることなく出入国することができる。気軽に国境を越えることができるようになっているので、ヨーロッパを旅行する場合は、周遊旅行という形で各国の文化の違いを触れながら旅をするのもよいだろう。

P11261.jpg
▲チェコ鉄道の普通列車。ボ、ボロい・・・

チェスケー・ヴェレニツェでチェコの普通列車に乗換える。約7分ほどで接続しており、スムーズな乗継ぎだ。海外の鉄道は時間にルーズだというハナシをよく聞くが、今回は幸いにも定刻で乗換することができた。車両はチェコ鉄道242形電気機関車+客車3両だが、機関車も客車もこれまで乗ってきたオーストリア鉄道のそれと比べてしまうといかにも古臭い。国の違いによる鉄道の質の差を見てしまったようである。そして列車に揺られること約50分、ウィーンから3時間半かかってチェスケー・ブジェヨヴィツェに着いた。

◆ ◆ ◆

オーストリア鉄道1116型"Taurus"の走行音を録ってきたので掲載してみよう。Siemens製のこの電気機関車は同社製のGTO-VVVFを搭載しており、この時点で勘の良い方は気づくと思われるが、京急2100形や新1000形などと同じく"歌う"のである。駅のホームなどからTaurusの発車風景を撮った動画はYouTubeなどでよく見かけるが、車内からこの機関車の音を録った走行音は珍しいと思われる。

オーストリア鉄道1116型96号機 発車〜加速〜惰性

1駅間が半端無く長いので、今回は加速から惰性走行までで区切ってある。機関車のすぐ後ろの車両で収録したので、連結器の軋み等の雑音はご容赦いただきたい。なお、日本の機関車にありがちな鈍い加速ではなく、高い加速力でのキビキビとした走りなので、各駅停車の客車列車と言えどもストレスはさほど感じない。

オーストリア鉄道1116型96号機 惰性〜減速〜停車

こちらは惰性走行から減速、停車までである。途中で回生失効しなければ、E501系同様停車直前にいわゆる逆音階を聞くことができる。

なお、この1116型電気機関車はSiemensがヨーロッパ各国向けに開発した汎用電気機関車の一種類であり、同型の電気機関車はドイツ国鉄やハンガリー国鉄などでも見ることができる。

関連記事

中央ヨーロッパ交通見聞録 6 - チェコ地方都市の路線バス

České Budějovice(チェスケー・ブジェヨヴィツェ)からチェコのある田舎町まで、今度はバスで移動する。バスに乗るまでの少しの時間に、バスターミナルにやってくるバスを観察してみた...

中央ヨーロッパ交通見聞録 6 - チェコ地方都市の路線バス
中央ヨーロッパ交通見聞録 4 - ウィーン地下鉄

前回に続き、ウィーンの公共交通について見てみよう。今回は地下鉄を取り上げる。ウィーンの地下鉄はドイツ語圏のためメトロでもなくサブウェイでもなくU-Bahn(ウー・バーン)と呼ばれる。2010年...

中央ヨーロッパ交通見聞録 4 - ウィーン地下鉄
中央ヨーロッパ交通見聞録 3 - ウィーンの路面電車・バス

ウィーンでは観光に路面電車、地下鉄、バスをガッツリと使ったので、それぞれ気がついたことを書いてみよう。オーストリアの首都であるウィーンも、ブダペストと同様に市中を路面電車が縦横無尽に走りまわる...

中央ヨーロッパ交通見聞録 3 - ウィーンの路面電車・バス
中央ヨーロッパ交通見聞録 2 - オーストリア鉄道 特急「Railjet」

ブダペストを後にした私は、国際特急列車でオーストリアの首都ウィーンに向かったのであった。ヨーロッパ主要都市間の移動は鉄道が便利だ。「TGV」や「ICE」をはじめとした高速鉄道が多く整備されている...

中央ヨーロッパ交通見聞録 2 - オーストリア鉄道 特急「Railjet」
中央ヨーロッパ交通見聞録 1 - ブダペスト市電

当Webサイト始まって以来、初の海外篇。今月の中旬に所用と旅行を兼ねて中央ヨーロッパを訪れたので、現地で体験した中央ヨーロッパの交通事情を簡単にご紹介しよう。まず最初はハンガリーの首都ブダペスト...

中央ヨーロッパ交通見聞録 1 - ブダペスト市電