KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.03.12

7年目の青。

D09583.jpg
▲青いまま出場となった606編成

昨年10月に京急ファインテックに入場、重要部検査に合わせて車体の更新工事が行なわれていた606編成だが、工事が完了し、11日に試運転を行なった。入場のたびに"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"の解除が心配される606編成だが、今回も青いままの出場となっており、600形更新車に青い編成が仲間入りとなっている。

606編成は2005年に600形としては初めてロングシート化改造が行なわれた編成で、その時にドア上にLEDの案内が設置されたが、今回の更新では他の600形更新車と同様の17インチ液晶ディスプレイ(LCD)に置換わっている。この他、目立つところとしては前面のワイパーカバーを「600」のスリット入りのものに交換している。

なお、試運転は"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"ロゴ等のステッカーが未貼付の状態で実施された。ステッカー類が貼られていない状態での本線走行は2005年、606編成が重検に合わせて"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"となった時の出場試運転以来で、6年ぶり2度目の珍事となっている。

◆ ◆ ◆

本当は上だけで記事は終わる予定であったが、試運転の日付を見ていただいて分かるように、この直後に東日本大震災が発生している。上記の606編成は試運転途中の追浜〜京急田浦間で被災しており、緊急停車の後、運転再開(当日深夜、ただし営業運転は終日取り止め)までその場に留め置かれた模様。

私はというと、この606編成を撮りに行ったがために横浜駅にて被災した。その日は夕方から所用があって千葉に戻らなくてはいけなかったので、試運転往路(上の写真)だけ撮った後の帰途であった。

その後、鉄道全線が運転中止ということで、品川まで8時間かけて歩いた。品川では臨時の休憩所として開放されていたホテルのロビーで1夜を明かし、翌朝からかろうじて動き始めた都営浅草線→京成線でなんとか家に着くことができた。

横浜から千葉までは電車がちゃんと動いていれば高々2時間である。だが、この2時間、当たり前すぎて特に意識することはなかったはずである。今回は、公共交通がきちんと動いてくれていることが、どれほど大切なこと、ありがたいことだろうということを改めて認識させてくれる体験であった。

被害の大きかった東北地方は言わずもがな、首都圏の鉄道網も未だ平常運行に戻っていない。ありきたりな言葉ではあるが、早期の復興、一日も早く日常が戻ることを願うばかりである。以上が私にとっての3月11日であった。