KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.04.20

4月11日の夕方、および12日の朝方に発生した大きな地震により、京成線のダイヤは大幅に乱れた。この影響で車両運用にも乱れが生じており、15日まで3050形の本線における営業運転が見られた。過去、3050形は3700形の車両故障に起因した車両不足の影響で所定の運用(01K〜11Kのスカイアクセス線主体の運用、以下アクセス運用と記す)の合間を活用して本線の運用(同一般運用)に充当されたことはある(2月3日の83K)が、今回のように数日にわたりアクセス運用を外れて一般の運用に入るのは初めてのことである。本記事では、11、12日のダイヤ乱れに触れながら、11〜15日における3050形の動きをまとめてみた。

D09897.jpg
▲本線経由の特急成田空港行として走る3051編成(12日)
4月11日

17時16分に発生した地震で京成本線宗吾参道〜成田空港間が一時運転見合わせ、全線で速度が規制されたため、ダイヤが大幅に乱れた。この影響で車両運用も乱れており、3050形が京成本線の優等運用に入るなどしている。

4月12日

A11に3051編成が充当した。この日は朝方に大きな地震が発生しているが、3051編成はこの地震の発生以前よりA11に入っており、11日夜間からの運用乱れによるものである。朝方8時8分に発生した大きな地震は京成線のダイヤを大きく乱した。昼頃まで大和田以東が運転見合わせになっており、本線系統の優等列車は八千代台で折返し運転を行なった。

A11に充当していた3051編成も八千代台折返しの対象となり、8A11が快速八千代台行として走っている。その後、八千代台で折返し快速上野行に、折返し11A11特急成田空港行となっているが、11A11の直前を走っていたA09:3848編成が(実際には成田空港まで走っているが)特急八千代台表示で下っていたため、11A11も途中まで八千代台表示であった可能性がある。成田空港到着後にA01に運行替えし、そのまま95〜59Kに流れて運用を終えた。

D09907.jpg
▲A11で出庫するも、途中からA01となった3051編成

一方、3054編成が1270Kより71Kに入っている。時刻的に大和田以東復旧後の上り第一号の列車であった可能性が高い。朝方の地震は朝ラッシュで車両が都心方面に集中している時間帯に発生しており、大和田以東復旧に際し車両が不足したために3050形を出さざるを得なかったものとみられる。73Kに運行替えの後、1473Kで宗吾に入庫、再度77Kで出庫している。77Kは下り終電車である通勤特急佐倉行の後、佐倉駅4番線で夜を明かす運用であり、翌13日も3050形の本線運用に入ることがこの時点でほぼ確定的となった。

4月13日

前述の通り、3054編成が12日からの運用流れで53Kに充当、西馬込〜佐倉間を中心に動いた。1253Kで所定通り宗吾に入庫し、夕方からの再出庫も無かったことから3054編成の本線運用はここで終了している。

D09920.jpg
▲13日は佐倉駅滞泊明けの快速特急西馬込行からスタート
D09925.jpg
▲快速佐倉行で走る3054編成
4月14日

3053編成が65Kに充当している。アクセス運用を代走している3001編成が印西牧の原での車庫外滞泊から引き続きアクセス運用の11Kに流れたためで、この日も3050形を1本だけ一般の運用に入れざるを得なかったようだ。11K:3001編成は日中に高砂検車区に一旦入庫する運用であり、65Kに充当した3053編成とは1165K〜1264Kの高砂折返しのタイミングで交換することも可能であったが、車両交換することなく3001編成は11Kで再出庫、3053編成も終日65Kに充当した。

4月15日

3056編成がA13に充当したが、大神宮下駅で発生した人身事故の影響で9A13の高砂にて運転打ち切りになり高砂検車区に入庫している。その後、3056編成は夕方の79Kに充当し、宗吾に入庫して終了、この後は目撃情報が出てきていないことから、この時点で一連の3050形一般運用充当は終えたものとみられる。

◆ ◆ ◆

なお、16日昼頃に発生した地震により再度車両運用が乱れ、3050形が18日より一般の運用に充当されているが、当記事における3050形の一般運用充当は前述の通り15日で一旦収束したものとして、ここでは18日以降の動きは扱わない。