KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.05.31

2010年5月以降のエアポート快特を象徴する列車だと思う。

D10351.jpg

京急新1000形 1469編成
2011.5.13/新馬場

▲新1000形の4連+4連で運転されるエアポート快特
  • [平日]1613A (飛)快特品 川
  • 始発:羽田空港1648 → 終着:品 川1708
  • ダイヤ:2010.5.16改正
  • 備考:ー

エアポート快特と言えば都営浅草線内に通過駅がある種別であり、京急線内のエアポート快特は浅草線直通の羽田空港発着の快特のうち、浅草線内をエアポート快特で運転する列車が副次的に京急線内でも飛行機マークを付けて走っていたような感じであった。つまり、快特かエアポート快特であるかは京急線内ではさほど重要ではなく、京成の快速と(飛)快速の関係ように浅草線内の通過駅の有無で種別が決まっていた。2010年5月までは。

それが、2010年5月のダイヤ改正で大きく変わっている。"京急蒲田飛ばし"という話題でニュースになったのも記憶に新しいが、エアポート快特を品川〜羽田空港間無停車とし、空港輸送に特化する列車としたことで、従来の快特との差別化を図った。これにより、運転士の歓呼や列車種別表示灯の表示にも現れているように、名実ともに快特とエアポート快特は全く別の種別として運転されることとなった。

従来のエアポート快特が浅草線内の種別に依存して走っていたということは、おのずと浅草線直通の列車のみにしかエアポート快特を名乗れないということでもあった。しかし、2010年5月以降のエアポート快特はそのような縛りがなくなったため、京急線内のみを走る品川行や泉岳寺行のエアポート快特がお目見えしている。

そのような背景から登場したのが表題の1613Aである。画像のように新1000形の4+4のしかも品川止という、以前であればおよそダイヤ乱れでしか見られなかったような列車が平然と走るようになった。車両運用としては日中にエアポート急行として走る83Dから流れてくるものだが、朝の9B→9Aおよび19B→1A増結車が83D充当車となっているようで、4+4の8連が所定1)となっている。2010年5月以降の新しい「エアポート快特」を象徴するような列車である。

  • 1)83Dの4+4は7月17日のダイヤ修正から。

関連記事

四直珍列車研究 48 - 土休日 525T

以前、平日の金沢検車区出庫の特急新逗子行を取り上げたが、今回取り上げるのは土休日の金沢検車区滞泊明けの525Tである。平日の金沢検車区出庫は朝ラッシュが終わりかけた頃にのんびりと車庫を出ていく...

四直珍列車研究 48 - 土休日 525T
四直珍列車研究 46 - 土休日 1965K

ソウゴサンドウってどこですか・・・。土休日の夜に1本だけ設定されていた快特宗吾参道行である。元々1973K快特芝山千代田行として運転していたものを2005年10月のダイヤ修正で宗吾参道行に変更...

四直珍列車研究 46 - 土休日 1965K
四直珍列車研究 45 - 平日 1412T・1640T

過去ネタになってしまうが、都営車の京急線内列車2題。平日の午後に新町検車区を出庫していた2本の都営車である。この頃、新町検車区で昼寝をする都営車の運用が2本(13Tと41T)設定されており...

四直珍列車研究 45 - 平日 1412T・1640T
四直珍列車研究 44 - 平日 717H

遅刻の常習犯。成田スカイアクセス線が開業した現在も走行線区は違えど高砂以東に直通してくる平日17Hだが、2007年12月に実施されたダイヤ修正で特急佐倉行という列車がお目見えした...

四直珍列車研究 44 - 平日 717H
四直珍列車研究 43 - 平日 543T

新町出庫のT運用である平日543Tは以前にも取り上げたが、2010年5月のダイヤ改正で動きがあったので、再び取り上げてみる...

四直珍列車研究 43 - 平日 543T

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京急珍列車