KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.05.23

以前、「京成3050形 京成本線を走る」という記事を掲載したが、それとは逆の現象である。

D10439.jpg

京成3700形 3738編成
2011.5.18/立石〜青砥

▲アクセス特急に充当する3738編成(18日)
D10476.jpg

京成3700形 3738編成
2011.5.19/四ツ木

▲「成田スカイアクセス線経由」表示も凛々しく01Kに充当(19日)

3738編成が原因は不明ながら5月17日より3日間、通常は3050形が充当されるアクセス運用に入った。17日には震災臨時ダイヤにより一部に本線を走る列車があるものの3050形の運用とされている09K→A15→93と夕方〜夜間の73Kに充当、翌18日は07Kに、翌々19日は01K、といった具合に数日間にわたり代走状態が続いた。

3700形のSA運用代走は度々発生しているが、代走は6次車以降の編成で行なわれることが多く、今回のように1次車〜5次車の編成によるものは数例に留まっている。特に数日間続けての代走は初めてとなった。アクセス運用の代走の実績を見てみると、3000形>3700形(6次車以降)>3700形(1次車〜5次車)というヒエラルキーがあるように感じ、3700形(1次車〜5次車)に至っては何らかの問題があって代走を意図的に避けているのかもしれないとまで推測が及んでいたのだが、今回の代走によって3700形(1次車〜5次車)でもアクセス運用をしっかりこなせるということが証明され、前述のような推測は杞憂に終わったのであった。

D10486.jpg

京成3700形 3738編成
2011.5.19/東松戸

▲夕方に設定されているアクセス特急上野行

◆ ◆ ◆

ちなみに、この3738編成と入れ替わるようにして3053編成が17〜19日の3日間、一般の運用に入った。もしかしたら代走の原因は3053編成にあるのかもしれないが、いずれにせよ、東日本大震災が起きてからというものアクセス関連の運用がやや荒れ気味となっている。震災臨時ダイヤでは、前述のように3050形が本線の特急列車に定期的に充当される事態となっており、震災前ではおよそ予測できなかったようなことが現実となっている。

これは趣味者の非常に悪い癖なのだが、所定の編成が所定の運用外に入ろうならばやはり気になってしまうもの。ここ最近、3050形の動きやSA運用について気になってしまい、どうも落ち着かないわけである。そういう意味でも、1日でも早く震災前の日常に戻ってほしいと願うものである。

関連記事

京成3050形 京成本線を走る その4

12月10日から13日にかけて、3050形が京成本線の運用に入った。12月10日に3052編成が、追って12月11日に3053編成が09Kから宗吾に入庫せずにそのままA15に流れており、京成本線...

京成3050形 京成本線を走る その4
京成3050形 京成本線を走る その2

東日本大震災後の運行記録 4に関連して、京成本線の運用に入る3050形の話題を取り上げる。5月9日から実施された震災臨時ダイヤNo.3では、アクセス運用から一般運用に繋がるかたちで3050形が...

京成3050形 京成本線を走る その2
京成3700形 成田スカイアクセス線を走る その2

京成3700形のアクセス運用、その2。3798編成が6月8日より2日間、アクセス運用に入った。8日に05Kで宗吾を出庫し、翌9日の11K(午前中の高砂入庫まで)に充当している。3700形(1次車...

京成3700形 成田スカイアクセス線を走る その2
京成3050形 京成本線を走る

4月11日の夕方、および12日の朝方に発生した大きな地震により、京成線のダイヤは大幅に乱れた。この影響で車両運用にも乱れが生じており、15日まで3050形の本線における営業運転が見られた。過去...

京成3050形 京成本線を走る
3700形VVVF制御ソフト更新車 走行音

来年7月に開業を予定している成田新高速線内の高速走行対応で、VVVFのソフトが改修されたっぽい3700形3758編成の走行音を録音することができたのでアップしてみる。制御ソフトが改修されたことで...

3700形VVVF制御ソフト更新車 走行音

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成代走