KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.06.17

京急では2002年より新1000形を導入しているが、このほど新1000形としては初めてとなる6両編成が登場した。1301編成が4月25日より、1307編成が5月2日より運用に入っている。

D10318.jpg

京急新1000形 1301編成
2011.5.8/生 麦

▲1300番台を名乗る新1000形6両編成

京急において純粋な6両編成の新造車は1607編成以来、実に23年ぶりの出来事。最近の京急の車両の動きとしては、8両編成および4両編成の新1000形を新造し、1500形チョッパ車の編成組換え(+VVVF化改造)によって6両編成を捻出していたが、1500形の編成組換えも完了したということで、いよいよ新1000形6両編成の登場となった。

新1000形6両編成の組成は浦賀方よりM2uc+M1u+Tu+Ts+M1s+M2scの構成で、パンタグラフはM1u車に1基、M1s車に2基を搭載している。補助電源装置およびコンプレッサーがM2uc車とM2sc車の両先頭車への搭載であることから、8両編成から真ん中のデハユニットを抜いたというより、4両編成の真ん中にサハを2両追加したような構成である。4両編成のM1s車はパンタグラフ追加準備済みであり、今回の6両新造車は既存の4両編成を6両化したときと同じ構成となるようになっている。また、6両編成は運用上分割・併合を行なわないことから電気連結器が省略されており、やや間抜けな表情である。なお、今回新造された1301・1307編成は川崎重工製であり、制御装置のVVVFインバータは既存の新1000形川重製車両と同様に東洋電機製となっている。

車両番号は、1000形の廃車によって空き番となっていた1300番台が充てられた。一方で、1301編成の運用入りで800形801編成が、1307編成によって803編成が運用離脱をしていることから、新1000形6連は800形置換え用という意図が明確になっているわけだが、全部で132両在籍していた800形をこの新1000形6両編成で全て置換えようとすると、どうしても番号が1300番台に収まりきらなくなってしまう。今後、どうするのだろうか。

◆ ◆ ◆

6両編成では初となるLCD搭載の車両ということで、気になるのはやはりドアカットを行なう梅屋敷下りである。同駅におけるLCDの表示を撮ってきたので掲載しよう。

P11767.jpg

京急新1000形 梅屋敷駅におけるLCDの画面
2011.9.24/**

▲丁寧にもドアカットを行なう旨の案内がでるのだが・・・
P11769.jpg

京急新1000形 梅屋敷駅におけるLCDの画面
2011.9.24/**

▲ドアが開くアニメーションも表示されてしまう。ぉぃぉぃ・・・

上の画像のように頓珍漢な案内になっているが、梅屋敷のドアカットも残すは1年そこらということで、修正される気配はない。しかしながら2つ目の画面は兎も角、1つ目の画面はドアカットならではの案内で、今しか見られない。

関連記事

京急新1000形1800番台 直通運用へ

京急新1000形1800番台、運用範囲を拡大中。3月上旬に営業運転を開始した京急新1000形1800番台だが、6月中旬よりいよいよ都営線や京成線、北総線への直通運転に入っている。営業運転開始以来...

京急新1000形1800番台 直通運用へ
京急新1000形1800番台 登場

京急電鉄では2002年より新1000形を導入しているが、このほど車両デザインを一部変更した1800番台が登場した。3月4日より4両編成2本が営業運転に入っている。1800番台の最大の特徴は貫通形...

京急新1000形1800番台 登場
京急新1000形6両編成 登場

京急では2002年より新1000形を導入しているが、このほど新1000形としては初めてとなる6両編成が登場した。1301編成が4月25日より、1307編成が5月2日より運用に入っている。京急に...

京急新1000形6両編成 登場
31T:1137編成 京急新1000形、約半年ぶりの京成成田入線

京急車が京成本線に帰ってきた。2月2日、31T運行に京急新1000形1137編成が代走で充当した。同日31T運行に充当していた5301編成が車両故障を起こして動けなくなったことが原因の模様で...

31T:1137編成 京急新1000形、約半年ぶりの京成成田入線
京急新1000形1073編成 直通運用へ

ついにこの日がやってきた?! ・・・と言っていいのかはよく分からないが、昨年度末の営業運転開始以来長らく線内のみの運用で大事に(?)扱われてきた京急新1000形ステンレス車、1073編成が本日は...

京急新1000形1073編成 直通運用へ

最新記事

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する

新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的に、JR東日本を始めとした首都圏の各鉄道事業者では終電の繰り上げがひとつのトレンドになっている。このほど...

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する
京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク

祝・成田スカイアクセス線開業10周年。7月に開業10周年を迎えた成田スカイアクセス線。京成電鉄ではこれを記念したさまざまな施策が実施されているところであるが、この一環としてAE形がヘッドマークを...

京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク
京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月10日、京成電鉄より2020年度の鉄道事業設備投資計画が発表された。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度は...

京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
四直珍列車研究 111 - 平日 1111T

ある列車で起こったミラクルな話。平日1111Tレはかつて運転されていた羽田空港国内線ターミナル発印旛日本医大行である。日中時間帯に設定されている羽田空港〜北総線系統の一列車にすぎず、見た目的には...

四直珍列車研究 111 - 平日 1111T
山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要

山万ユーカリが丘線、路線バスの運行が始まる。不動産業を営む山万は、自社で開発したニュータウンの中に住民の利便のため鉄道を敷設してしまうという稀有な事業者であることが広く知られている。京成線の...

山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要