KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.07.13

プラハへは長距離バスで入ったが、やはり鉄道の様子が気になったのでプラハ本駅(Praha hlavní nádraží)を訪れてみた。

D08227.jpg

プラハ本駅 ホーム
2010.9.19/**

▲大きな屋根が架けられたホーム

プラハにおいてターミナルとなる駅は、この本駅と、プラハ・マサリコヴォ(Praha Masarykovo)駅とがある。後者が主に都市近郊列車Sバーンのターミナルであるのに対して、本駅はポーランド、ドイツ、オーストリアなどへ向かう国際列車の発着するターミナルとなっており、名実ともにプラハの中心駅となっている。本駅ではチェコ鉄道の車両だけでなく、直通してくるドイツやオーストリア、ハンガリーなどの客車や機関車などが見られ、実に華やか。ヨーロッパでは鉄道が国と国とを結んでいるということを強く実感することができる。

D08226.jpg

オーストリア鉄道1216形 236号機
2010.9.19/Praha hlavní nádraží

▲オーストリア鉄道の機関車がチェコの客車を牽引

ちなみに、プラハから直通で行くことのできる主要都市と所要時間を挙げていくと、次の通りである。ウィーン(オーストリア)まで約4時間45分、ベルリン(ドイツ)まで5時間、ブラチスラヴァ(スロバキア)まで約5時間10分、ブダペスト(ハンガリー)まで約7時間、ワルシャワ(ポーランド)まで約8時間30分、ベオグラード(セルビア)まで約15時間。さらに夜行列車であれば、フランクフルト(ドイツ)まで約9時間30分、チューリッヒ(スイス)まで約14時間、ザグレブ(クロアチア)まで約15時間30分、ミンスク(ベラルーシ)まで約16時間、アムステルダム(オランダ)まで約18時間、モスクワ(ロシア)まで約33時間、それぞれ直通で行くことができる。ヨーロッパの鉄道網、恐ろしや・・・。

以前に記したように、中東欧においては西欧で見られるような高速鉄道はまだ発展していないので、国際特急列車は機関車が客車を引っ張るスタイルの"Euro City(ユーロシティ)"が主役である(夜行列車は"Euro Night"と称する)。直通で行くことのできるところが広域であるということは、逆に、客車がプラハまで直通してくるということでもある。客車は当然、チェコ鉄道のものが多く見られるが、ドイツ鉄道やオーストリア鉄道、国として隣接していないハンガリー鉄道のものも頻繁に見られ、1つの列車の中に複数の国の客車が繋がっているなんてことは日常である。例えば、ドイツ鉄道とオーストリア鉄道の客車で組成された編成を、チェコ鉄道の機関車が引っ張るという光景が展開される。以前にイベント列車でJR貨物の機関車がJR旅客会社の客車を引っ張る・・・ということがあったが、それとはひと味もふた味も違う光景がここでは日常的に繰り広げられているのであった。

P11523.jpg

チェコ鉄道111形 11号機
2010.9.19/Praha hlavní nádraží

▲構内をうろついていた入換用と思われる凸型電機

(完)

関連記事

中央ヨーロッパ交通見聞録 7 - プラハ市電

旅も終盤、チェコの首都プラハである。プラハも路面電車がたくさん走っている都市で、2010年現在23の系統が設定されており、市民あるいは観光客の足として活躍している。さらに、プラハ市電はNight...

中央ヨーロッパ交通見聞録 7 - プラハ市電
中央ヨーロッパ交通見聞録 6 - チェコ地方都市の路線バス

České Budějovice(チェスケー・ブジェヨヴィツェ)からチェコのある田舎町まで、今度はバスで移動する。バスに乗るまでの少しの時間に、バスターミナルにやってくるバスを観察してみた...

中央ヨーロッパ交通見聞録 6 - チェコ地方都市の路線バス
中央ヨーロッパ交通見聞録 5 - 中距離普通列車に乗る

次なる目的地に移動するため、まずはチェコ南部の都市チェスケー・ブジェヨヴィツェ(České Budějovice)に向かう。ウィーンとチェスケー・ブジェヨヴィツェを直通する列車はないので...

中央ヨーロッパ交通見聞録 5 - 中距離普通列車に乗る
中央ヨーロッパ交通見聞録 4 - ウィーン地下鉄

前回に続き、ウィーンの公共交通について見てみよう。今回は地下鉄を取り上げる。ウィーンの地下鉄はドイツ語圏のためメトロでもなくサブウェイでもなくU-Bahn(ウー・バーン)と呼ばれる。2010年...

中央ヨーロッパ交通見聞録 4 - ウィーン地下鉄
中央ヨーロッパ交通見聞録 3 - ウィーンの路面電車・バス

ウィーンでは観光に路面電車、地下鉄、バスをガッツリと使ったので、それぞれ気がついたことを書いてみよう。オーストリアの首都であるウィーンも、ブダペストと同様に市中を路面電車が縦横無尽に走りまわる...

中央ヨーロッパ交通見聞録 3 - ウィーンの路面電車・バス

最新記事

京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」

さようなら、「ドレミファインバーター」。7月20日、京急1000形1033編成が更新工事前の運行を終了した。同編成は2100形より採用されたドイツ・シーメンス製のGTO-VVVFインバーターを...

京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」
京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ

京成トラベルサービスが主催する鉄道ファン向けのツアーをまとめてみた。京成電鉄と京成トラベルサービスでは、京成トラベルサービス主催・京成電鉄後援という格好で鉄道ファン向けのツアーを開催している...

京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ
京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク

赤ちゃんパンダ、お誕生おめでとう。京成電鉄では、6月末より「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク電車を運行している。これは、6月23日に上野動物園のジャイアントパンダであるリーリーとシンシン...

京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク
四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K

2ヶ月間だけ走った浅草橋行。京成車編。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府より1月8日に発出された2回目の緊急事態宣言では、夜間の外出抑制のため各線で終電の繰上げが実施されることになった...

四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K
京成3100形 2024年度に京成本線仕様の車両を導入か

6月30日、京成電鉄はバリアフリー法に基づく2021年度の移動等円滑化取組計画書を公表した。その中で、3100形の今後の導入計画が明らかになっている。どういった内容なのか見てみよう。京成が6月...

京成3100形 2024年度に京成本線仕様の車両を導入か

海外の鉄道海外 電気機関車