KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.08.16

606編成、車体更新後初めてのラッピング電車である。

D11068.jpg
▲航空会社の尾翼がラッピングされた「ワンワールド アライアンス号」

KEIKYU BLUE SKY TRAINの606編成が8月1日より「ワンワールド アライアンス号」として走っている。同日より開催されている、世界の航空会社12社の連合体であるワンワールド・アライアンスと京急電鉄による共同企画「ワンワールド アライアンスフェア 2011」の一環であり、車体にはワンワールド・アライアンスに加盟している航空各社の垂直尾翼がラッピングされている。10月28日までの予定。