KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.08.30

17ヶ月ぶりの静鉄詣で。

D11189.jpg
▲「新静岡セノバ」広告ラッピングとなった1008編成

久々に静岡鉄道に乗ってきた。静鉄の話題は度々取り上げているが、今回は実に17ヶ月ぶりの訪問。名古屋に出かけるついでの冷やかし程度の訪問のつもりであったが、流石に17ヶ月ぶりともなると色んなところに変化が見られており、冷やかし程度の訪問ではその全てを消化することはできなかった。これはいずれもう一度きちんと静岡に足を運ばねばならぬ。

とりあえず、今回の静鉄訪問で気づいたことを備忘録としてピックアップしてみる。

全編成への保安装置更新+スカート取付け完了

2008年頃より始まった保安装置更新(i-ATS化)+前面のスカートの設置だが、2010年の1003編成をもって完了している。また、これはいつ頃施工されたか不明であるが、車両前面に設置されていたサイドミラーが撤去された。ワンマン運転を行なうためのサイドミラーであったが、ミラーは全駅におけるホーム上にも設置されており、必要が無くなったための撤去のようだ。

1008編成に「新静岡セノバ」ラッピング

1008編成が「新静岡セノバ」の広告ラッピング車となっている。1008編成へのラッピングは劇団四季の「美女と野獣」、「静岡けいりん」に続いて3度目の実施。また、1011編成が2011年2月の検査出場で前面のストライプが青一色となり、異彩を放っている。一方、前面のストライプが撤去され、リバイバルとして運転されていた1007、1003の両編成はスカート設置後もストライプが貼付されることなく、リバイバル状態のまま走っている。

新静岡駅のリニューアル状況

新静岡駅は新静岡センターの再開発に伴ってリニューアル工事が実施されているが、9割方工事完了といってよい状況であった。元は地下1階にあった改札も地上に移転し、駅の入口から列車のドアまで段差のないバリアフリーを実現している。新静岡センターそのものは再開発によって「新静岡セノバ」に生まれ変わるが、こちらのオープンは10月6日を予定している。

メモ - 2011年8月26日現在の車両状況
1001編成:「Coca-Cola zero」ラッピング
1002編成:「午後の紅茶」ラッピング
1003編成:リバイバル
1004編成:「Coca-Cola」ラッピング
1005編成:「しずてつカードLuLuCa」ラッピング(II)
1006編成:ノーマル
1007編成:リバイバル
1008編成:「新静岡セノバ」ラッピング
1009編成:ノーマル
1010編成:「しずてつカードLuLuCa」ラッピング
1011編成:青帯
1012編成:「静銀joyca」ラッピング

関連記事

静岡鉄道10月1日ダイヤ改正

静岡鉄道では、10月1日にダイヤ改正を行なう。全線における運転時分の見直しと、平日の6〜8時台における急行および通勤急行の設定が主な内容となっている。静鉄のダイヤ改正は2009年2月以来...

静岡鉄道10月1日ダイヤ改正
静岡鉄道 2010年春 5 - 長沼のヌシ、デワ1

長沼車庫で開催されたリバイバル1007編成の撮影会だが、合わせて同車庫に保存されているデワ1も展示された。5月に開催される「静岡ホビーショー」に合わせての車庫公開や...

静岡鉄道 2010年春 5 - 長沼のヌシ、デワ1
静岡鉄道 2010年春 4 - 静鉄1000形 走行音

これまで静岡鉄道に関する記事をいくつか掲載してきたが、写真ばかりだったので今回は走行音を掲載してみよう。静鉄の雰囲気を味わっていただければ幸いである。運転士による気合の入った喚呼にも注目...

静岡鉄道 2010年春 4 - 静鉄1000形 走行音
静岡鉄道 2010年春 3 - リバイバル1007編成@長沼車庫撮影会

前面のカラーフィルムが撤去され、製造当時の姿に戻った静岡鉄道の1007編成。3月20日、その1007編成の入場に合わせて、長沼車庫にて撮影会が実施された。前回の記事にて...

静岡鉄道 2010年春 3 - リバイバル1007編成@長沼車庫撮影会
静岡鉄道 2010年春 2 - リバイバル1007編成

久々となった静岡鉄道撮影行、もちろんゴツいスカートが目当てじゃございません。今回の撮影行の真の目的は、前面のカラーフィルムを剥がして走っているリバイバル編成...

静岡鉄道 2010年春 2 - リバイバル1007編成

静岡鉄道ラッピング