KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.09.17

8800形の6連化、再び。

D11353.jpg
▲8805編成として6連となった8816編成

8月24日より8805編成6連が運用を開始している。8800形については、鉄道趣味誌において関係者へのインタビューで2013年度までの全車6連化改造が明らかにされており、このほど現車が登場した格好だ。8805編成は8816編成を6連化の上、改番したものとなっている。また、同じく8824編成が8806編成として6連化、こちらは9月14日より運用に入っており、8800形の新6連が相次いで登場した。これに合わせるかたちで、一部の8連運用が6連運用に変更となっており、従来は8連のみだった日中の線内運用においても6連の充当が見られるようになっている。なお、これらの編成は京成千葉線直通非対応ということで、千葉線直通対応車のステータスとなっているマルーンのストライプ帯ではなく、従来の茶帯のままとなっていることが特徴である。茶帯の8800形6連は8802、8804編成の6連化改造後のわずかな期間に見られたもの以来となっている。

8804編成のように、8連3本の6連化で余った中間車で6連をもう1本作る方法を今回も採るならば、唯一抵抗制御で残っている8502編成が今回の8800形6連化改造で置換えられる可能性が出てきている。また、残る8連6本も同様の方法で6連化改造を行なうとすると、単純に6連化した編成6本に加えて6連2本が捻出され、VVVF化改造が行なわれていない2本の8000形を置換えることが可能となっている。

8800形の6連化改造は、乗車人員の減少に対応した保有車両の削減と、古い車両の淘汰という新京成にとってはまさに一石二鳥の策となっている。将来的には8900形の6連化を含めて全車両の6連化も視野に入っていると思われ、乗車人員に合わせた設備のコンパクト化も合わせて進んでいくものとみられる。

新京成電鉄改造